2017年02月24日

由布院視察@

[気仙沼出向生活1370日目 残り36日]

大分での講演の出張から続けて先日気仙沼に視察に来ていただいた由布院を視察。
待望の由布院温泉。
もちろん全国を代表する温泉地ということでといのはもちろんだが、それ以上に『待望』なのは実はこの地が僕が気仙沼で観光をやるきっかけになった街だから。
どういうことかというと実は気仙沼に来る1ヶ月前まだ東京で研修をしていた頃、地域起こしなんてやったこともなければ、観光の仕事なんてまったくどうやっていいかわからなかった頃に最初に調べて学んだのがこの由布院だった。
無名だった温泉地が、街おこしを行ってたった30年で日本を代表する温泉地となった。
そしてそこで初めて学んだ地域おこしのキーワードは『よそもの・わかもの・ばかもの』という言葉。
当時はよくわからず調べた文献からの知見を頭に入れるくらいしかなかったが、、

さっそく朝から街歩きを開始すると、素敵な街並みにぶち当たる。

DD46C680-37EB-4396-BCF5-7D5BFB1BB4C5.jpgA4BB5DB5-4B80-410C-B602-C43C2396772F.jpg0F1D27E0-B8EC-493C-A4FB-CB3633184D3F.jpg662CD107-4C11-4CCB-94DE-FE4D0B5C71CD.jpg

小さな街に小さくておしゃれなお店が通り一面にギュッと詰まってる。近くに川があり、さらにすぐに山が迫ってる。
ん〜、どこかで見たようなこの光景、、

そうだ!あそこだツェルマット!!!
ここツェルマットの街並みにすごい似ている!

さらに通りのお店を見ていくとすごくスイーツを扱うお店が多い。
0E256F09-A9EA-4855-9145-06345643E6FD.jpgE255F096-8CC7-4CBC-9A7E-7729BE50130B.jpgBE6D9890-645D-48C4-8EBE-5419D15B5CD7.jpg522CF95F-D322-4105-BA21-CC453549F630.jpg996AB9F5-2735-48C9-B69F-ECF8DF2649B5.jpg79EC7498-3CDE-450C-84BF-9562A17AE72A.jpg5E1C49AE-365F-4466-891A-D0E750633514.jpg71BE63C2-7398-439B-9DEE-7A1DFB5D3DE7.jpg0AEFBC90-AA5B-4109-B341-83F04364BCAA.jpg


通り一面にどれだけあるんだというくらいスイーツに溢れてる。

73A81611-DCC9-482A-8951-EB2A44EAA4A2.jpg8D6EBDA3-E7F2-4D8F-A853-C38F9F351336.jpg1828BAEB-D7DC-43F8-8941-4969704A70A3.jpg1ACE2F22-3162-499B-82ED-345A8555A5EA.jpgC977C7D0-9C4A-4B45-9E2F-62D3AD139890.jpg
7F35883F-B491-4235-997D-0E1605D501C1.jpgC4E45C17-7547-4CB7-BDF8-49819C6E06E6.jpg87997DDE-9DA7-47AE-AD10-547E1A4B85C1.jpg934EDE5F-345C-4927-8898-56871154C370.jpg86BC3451-4B11-4C18-9B16-B00EB0FD1CB7.jpg

これだけスイーツがあるとこんなオジさんでも短時間の間に買い物するする。。
気づけばだった45分で8,500円もスイーツの買い物をしてしまった、、
なんなんだこの街からみなぎるマストバイパワー、。(ちなみに甘いものは実はそこまで好きではありません、、)

水産加工品ならここまで買わないけど、スイーツの威力って凄いなあ。

そしてもう一つの特徴はインバウンド客の多さ。
温泉とこのスイーツを目的にしてかカップルか女子旅のパターンが多いように感じた。

C2FC359E-9B8C-459E-938B-8E5A67668B64.jpg12387FB9-F914-449D-AE58-BBBD91ED4ABB.jpg628C1779-A7AB-4645-8242-8E213E82028F.jpg

ちなみにこの日、必要だった帰りのバスは平日にもかかわらず13時出発の便わずか一席しか買えなかったという混雑ぶり。。

この街の街づくりは本当におもしろそう。
視察のメインはこれから。
詳しくはまた後日書きます。


posted by インディ at 23:32| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域の現状のコンディションを把握する力

[気仙沼出向生活1369日目 残り37日]

九州大分県に出張しての講演の機会を頂く。

4B12729A-C7EB-448C-BF4A-6830B0EC9C63.jpg

テーマはマーケティング。

EE3137F3-A959-45E7-B685-3B5FC5BF4160.jpg

気仙沼で出来立てホヤホヤのマーケティングレポートを題材に同僚の小松くんと地域の現状コンディションを把握する力の必要性とその方法について話してきました。
これにより気仙沼では宿泊人泊数や施設利用人数や購買単価などがマンスリーで把握できるようになる仕組みを構築できた。
街の楽しいコンテンツづくりも大事だが、こうしたファクトデータの整理はこの業界の最もウィークポイントだといえる。
とはいえ、我々もまだ始めたばかり。
今後こうした取り組みで事例共有できたり、協働できたりする自治体が増えてくるとを願う。
それにしても相方こまっちゃんの講演は予備校の先生みたいでちょっとカッコよかったぞ。

4B31ACB5-B755-49DD-946A-8EB919A7679A.jpg5B1C3B48-75E6-49E5-9134-5CB4AFED773C.jpgF9D90568-99A7-4A59-B599-082E24581717.jpg



posted by インディ at 13:30| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

久しぶりの大将

[気仙沼出向生活1368日目 残り38日]

大将に仕事のことで相談がありお店へ。
しばらく忙しく全然来れてなかったのに、

「いらっしゃい。」

と、いつもと変わらずサッと僕が必ず座るカウンターの一番端の席を片付けてくれる。
思えば気仙沼での仮設生活の原点はこのお店。
4年前ちょうど自分が気仙沼に来た時に、大将は津波で自宅とお店も流されてお皿一枚しか残らなかった状態からの再起を帰すことを決めた日に知り合ったのがきっかけ。
大将から学んだことは多い。
大将がいなかったら気仙沼での今の自分はなかったと思う。
お寿司屋さんだが、寿司はもちろん大将が作る中華やラーメンやカレーライスなど賄いも含めてこのカウンターでいろいろ頂きながらいろんな話を教えてもらった。
多い時には週に2,3回は来ていたし、連れてきた友人の数も数え切れない。

「あっという間に2月だねえ」

「そうっすねえ」

会話は大してなくてもそれで十分。
このカウンターの席に座るだけでいろんな過去の記憶が蘇ってくる。
寿司屋のカウンターっておもしろいなあ。。
そして久しぶりにお寿司とともに大将名物、フカヒレパイスープを頂く。

3E75F397-3F74-4AD7-949A-A04674EEA36D.jpg070A4060-2F9E-4FED-937D-3BF4B7956864.jpg

充実のランチ。
大将、ご馳走様でした。
ちなみにこのお店で一番好きな瞬間は、この絶品の寿司とパイスープを頂いた後にもらう大将の淹れてくれるお寿司屋のカウンターで飲むコーヒー。
この店通ならわかるはず。
出向中にあと何回来れるかなあ。。

ちなみに大将、新ランチメニューを始めたそうです。
それがこちら。

2EBE5784-C52C-4074-B11A-86998101B63D.jpg

寿司大政の新ランチ。
こちらも見逃せませんよ。

posted by インディ at 23:16| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする