2017年03月22日

「気仙沼出向を終えるにあたり一番の気づきは?と聞かれたら、、

[気仙沼出向生活1396日目 残り9日]

「この気仙沼という地域に入っての出向生活で一番大きかった気づきは一言で言うと何か?」

必ず聞かれる質問であり、一番難しい質問。
都会暮らしで初めて地域に入った方や被災地での生活を経験した方や何て答えるだろうか?
自分にとってのこの答えは自身がこの出向での生活で一番ハッとなったこの一枚のポンチ絵。

82171312-9933-481E-9A80-4D48FB164EB9.jpg

日本人の選択基準の変遷をまとめたペラ1の資料。
@1950-60年代は高度経済成長時代に入る日本人の価値観は『良いか悪いか』という選択で、物質的繁栄を求めマジョリティが大本営の決めた『良い』を選択する時代だった。

A1970-80年代に入るとバブルに突入し、物質的繁栄だけでは飽き足らない港の差を求め、そこに個性というセンスが生まれ個人の『好き・嫌い』が選択の基準となる時代に移る。

B1990-2000年代に入るとバブルが弾け失われた10年と言われる時代に突入し、皆が「自分は勝ち組に残る」ためと個人による『勝ち負け』が基準となり、『独り勝ち』という言葉が非常に憧れる言葉になった。
(自分はこの時期に就職したので社会人生活はまんまこの価値観で生きていた)

ところが、
C2010年を超え、さらに東日本大震災を超えるとまた価値観が代わり今は人を動かす基準が共感をベースとした『賛成・反対』という基準となり、裏返せば『勝者』や『富』のオーダーで動かない時代になって来ている、

という話。
最初聞いたとき思わずハッとしたのを覚えてる。
この一枚に自分が諸々感じたこの被災地での4年の一番の経験と気づきが凝縮されてるように感じる。
気仙沼に来る前の自分はまさにBの人間。
そこになんとなく疑問を抱きながら生きてた時に気仙沼の仮設住宅に住む生活が始まった。
そして始まった気仙沼の生活では、人が動く基準の多くがCのように感じる。
疑り深い自分は最初は正直信用してなかったところがあったが、どうも自分の方が時代錯誤で特に若い方を中心に世の中はCに移ってるんだなあ、と日々日々実感する。
「時代が変わってる」と気づいたこと。
この感覚をしばらくうまく言えなかったところに上のポンチ絵を見せられて思わずそれだ、と驚いたのがちょうど一年前。
教えてくれたのはスイスツェルマットで自分に地域経営を教えてくれた師匠、山田桂一郎さん。
この経験が個人的にはこの気仙沼を通じた地域の生活で一番気づいたことのように思う。
そしてこれはひょっとすれば都会より地域の方が感じやすい事かもしれないとも思う
(都会でも知らないだけであるのかもしれないが)
いつか書こう思っていた話ですが、残り一桁になった出向生活なので備忘録的に記しておこうと思う。
posted by インディ at 23:49| 宮城 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大企業の人間が地域に絡む理由は?

[気仙沼出向生活1395日目 残り10日]

出向最後の自社への4年間の成果報告会。
地域活性のプロの方々と地域出向者との合計約6時間の濃密な時間。

BA7EA80B-6C47-44C6-BD72-887298A2FD80.jpg

この4年の気仙沼での出向の取り組みはつまり何を残せたのか?そして何を得たのか?
の本質的な会話をできた有意義な時間。
センチメンタルな要素を一切省いた時に自分がこの会社からこの地に入って得られたものと何を今後未来に展開できるのか?そしてそれをどうやって?
結局のところこの問いに答えられない限り出向した意味もさしてなく、頑張ったね、で終わるのはあまりにも虚しいため久しぶりに頭使って喋ったプレゼン。
出向終了まであと10日。
今日で初めてこの出向生活の総括ができたように思う。
自分として明確にしたかったのは、『地域活性』というこの曖昧な言葉。
何すりゃいいのか?
ということ。
そこについて自分なりに出た結論は、
人口とお金が街から出て行くことが止まらないという課題に対して、その地域内の資源を有効に活用し商品・サービスを開発しながら、その地域への誇りを感じた人をその地に残し続けることだという結論に達した。
正しい正しくないは別としてこの4年でいったんの結論が出たことは自分としてもいい経験だったと思う。
それにしても弊社の方々はやっぱり問いが鋭いし、本質的。
大企業の人間が持続的に地域に絡む理由を根本から考えさせてもらった時間。
気仙沼の方々にも入って欲しかったほど。
来期以降の自身の仕事における地域との絡み方においていい壁打ちになりました。
4年間出向させてくれた会社の皆様、本当にありがとうございました。

3CB8BB91-2DBB-465E-8BEF-7CA1EF736804.jpg



posted by インディ at 00:02| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

復興屋台村気仙沼の閉村式

[気仙沼出向生活1392日目 残り13日]

昨日は復興屋台村気仙沼の閉村式。

23DB17E8-36C6-424E-8E96-B8A1D58D685F.jpg

震災後すぐにできた仮設商店街のひとつで気仙沼のランドマーク的存在だったところ。
あたりのかさ上げ工事の関係もありこの三連休を持って最後になるということ。
実は自分が気仙沼に来て最初に訪れた場所がここでした。
さみしくなる気持ち半分と、これからいよいよ仮設ではなく本設へとお店が変わっていくターニングポイントだということの期待も半分。
そして全国からいらっしゃったたくさんの来場者を見て改めてこの街の人との繋がりの強さを感じた1日。

24322827-ED50-46F7-BAA9-2177C5B3EFF0.jpg
BB067ADA-DEAD-4968-A3D7-2009141D85DE.jpg
954152B1-665E-4391-BCAD-588FE84C3BBA.jpg

そんな強い気仙沼との繋がりをより強くするために今回新たに取り組むことなった「気仙沼クルーカード」。
正式オープンは来月ですが、ぜひ今日この場に来て頂いた全国の方々のような人に持って欲しいという気持ちもあって特別に会員を募るプレオープンブーストを設置させていただきました。

EDCA458E-AFE8-454E-A10D-F7D7EAF788E7.jpg5C79724A-C727-45E3-9BEA-EAEF134EDF29.jpg

場が終わっても人の関係性は残る。
その人の関係性をどう続いていけるように機会を創ってサポートしていけるか?
そんな可能性をこのカードに感じてます。

523EC504-0B5A-4E1D-A5EE-90C0911B9918.jpg1304B6AD-FD61-41F3-99CB-CA1CF34E79F5.jpgDCA64886-6EAB-4B07-8501-7FD217CE713D.jpgE9F2823A-19FE-4AF4-93FC-D1C0F8539910.jpg

いずれにしても、復興屋台村の関係者の皆様今までお疲れ様でした&ありがとうございました。
posted by インディ at 10:41| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする