2017年03月28日

気仙沼での失敗談

[気仙沼出向生活1402日目 残り3日]

残り3日。
ここ最近これまで過ごした経験をできるだけ体系化したいと思って書いていたが今日はこの4年で経験した地域でやっていく上での自分の失敗談を残しておこうと思う。

- 近所を大切にする
まず一つ目は最初に住んだ仮設住宅での話。
当社仕事らしい仕事もなく気仙沼での存在感を示せなかった自分だったが、住んでいた仮設住宅がたまたま畑をやっていたことで耕し始めた。
幸運にもその畑生活にはまりいろいろ作物を獲り始めるのだがここで思わぬ事態になる。
当初何も出来なかった自分が徐々に信頼を得られ仕事が始まり気づけばほぼ毎日早朝から夜遅くまで仕事漬けになっていく。
仕事は順調に進み充実してくる中、思わぬことが起きた。
それはほぼ寝るために帰るだけとなった仮設での人間関係でハレーションが起きる。

ほとんど顔も会わせない!
畑をちゃんと耕していない!
夜中に風呂を沸かすのがうるさい!

F48AC157-4668-4C2F-8F5F-5C9FE80096A4.jpg

といった苦情を頂き、仮設住宅の談話室の飲み会で怒られた。

2233E184-5F70-4F39-8C44-C33AC6FC261E.jpg

今思えばそれらの問題ではなく、仕事に専念しすぎてご近所を疎かにしたのが原因のように思い反省している。
きっともっと生活とのメリハリが持ててれば防げたはず、、
都会ではご近所のことはあまり気にしなくて良かったが地域ではそうはいかないことを身をもって学んだ。ただ裏返せばそれくらい地域のコミュニティとの人間関係でいかに守られていたがわかる瞬間でもあった。ご近所の方の気持ちに感謝をしないといけないと気づいた瞬間だった。

- 合意形成を大切にする
都会にいた頃は思い立ったが吉日でよく瞬発的に動いて瞬間的にアイディアから事業創造できる機会を探してた。いかに一番乗りの発想を最も早くやりきるかが大きな問題だった。
でも地域に行けば違う。突然思い立ってもなかなか前に進まない。苛立って強引に前に進めたら確実にびっくりするくらいのハレーションが起きる、、
気仙沼じゃらん発行の際にはこれで一部の方から相当叩かれた、、

D1D2029D-DE2B-4D46-B1D2-585B6F3CAA1F.jpg

ただハレーションを起こした理由を聞いてみると、
事前に最初に話を聞かされていなかったのでムカっとなった、というようなご意見も多い。
一言言っておけば良かった、、
少数で一気にやらず。最初からきちんと然るべき人に話をいれ、徐々に同意いただける方々を増やさないと行けないと思った。 

- 悪口は本人にきちんと伝わる
最後は自分の失敗談ではないがこういう話がある。
気仙沼に来てしばらく経つと自身の存在が知られ噂される。
しかしいい噂ばかりでなく悪い噂もたつ。
そしてここからが狭い地域の恐怖。
言われている悪い噂はほとんどすべて巡り巡って自分に入ってくる。
しかも誰が言ったかのバイネームもセットで、、
(本当かどうかは知らないが、、)
他の人同士でもそういうのを聞いたことが少なくない。。
結局地域内は隠し事はできず言うも言われるも筒抜けであるということ。

以上3つは自身が感じた東京との違い。
人によってはそう思わない人もいるのかもしれないが、これから地域移住を考えてる人の少しでも参考になれば幸いかと。






posted by インディ at 23:08| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: