2017年03月25日

この経験で得た3つのこと

[気仙沼出向生活1398日目 残り7日]

昨日は毎朝のお勤めテレビ会議ブイキューブでのイニシアティブ出向者全員と発起人の方々の集まる最後の集まり。
東京、仙台、気仙沼、大船渡、釜石を結んで何があっても4年間毎朝あったこのテレビ会議。
いろいろ送別会などありましたがこのテレビ越しで最後の挨拶をするというのが実は今までの何よりもこの出向が終わるんだなあと感じる瞬間のように思えた。
考えてみれば経済同友会各企業から一人ずつ出向してきた人同士が市役所でチーム組んで毎日テレビ会議をしながらプロジェクトにあたるってメチャクチャ不自然な光景で多分もう2度と経験することのない機会のように思う。
そう言えば4年前初めての日は回線の調子が悪く、初めて繋がった時は、おぉー!、って騒いだだけだったのを思い出すし(笑)、市役所生活の最初の一週間があまりに慣れなくて気仙沼、大船渡、釜石メンバー全員で急遽金曜夜に集まって

「そっちはどうよ?」

と飲んだのもいい思い出(笑)
最後の挨拶で泣かれる方もいたり、本当に大きな成長の機会だったことを話される方がいたり感慨深い場。
その中で最後に言われたセリフが感慨深かった。

「君たちはこの日常の会社の業務では絶対にできない出向経験で3つのことを手に入れた。ひとつは仕事。この仕事は君たちにしかできないもの。ふたつ目は第二の故郷。この街は皆にとってかけがけのない街になった。三つ目はやった人間にしか見えない風景。その風景は本人にしか見えないしやった人間にしかわからない。」

確かにそう思う。
この3つはこの機会でなければいただけなかった経験であり財産だと思う。

そして夜は市役所の方々からの送別会。
民間から来た世にも奇妙な集団を送り出してくれた市の方々にも感謝です。
写真はお世話になった津田参事。
実は同じトラキチということがわかりました、、^_^

D7BBAC31-A573-43C7-999B-2AE2FF1D5703.jpg

posted by インディ at 11:19| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: