2017年03月04日

『とりあえず』

[気仙沼出向生活1377日目 残り28日]

残り日数的にそろそろ総括とかそういうのを書かないと思ってはいてもなかなか実行に移せない、、結構4年ってしっかり、コッテリあった期間で振り返るのって難しい。
ただこの仕事に決まった直後と今で何が一番変わったんだろうなあと思った時に一番感じるのは、『とりあえずやってみる』生き方に変わったことなあと少し感じる。
気仙沼への赴任はぶっちゃけ最初一度断ろうと思った。自分が仕事として行って役に立てることなんてないと思ったから。
ただ思いとどまってとりあえず行ってみることにした。
そしたら今度は『住むところが仮設住宅しかない』と言われた。とりあえずOKしてみたら思いもよらない生活が始まった。
次に『畑やるか?』と誘われた。
とりあえずOKしたら一時、本当に自給自足生活できた。
このブログもそう。とりあえず毎日書いてみようと始めたらもうすぐ1,400日も毎日書くことになり、年間20万以上アクセスももらえるようになった。
今回の仕事もとりあえずやってるうちに『地域活性』や『観光』なんて得体も知れなかった仕事で今は講演なんてやらせてもらえてる自分がいる。。(なんだかこそばゆい感じ、、笑)
とりあえず断らず、『ま、いっか』ってなりきってやってみるって実はできてたようでできてなかった。
ある時、仮設で暇にしていた時に、

『俺、これまでそんなに断ってたことあったかな?』

と書き出して見ると今思えばメチャメチャ断ってたことに気づいた。。
カッコつけた言い方すればこれまではどこかサラリーマンで大外ししなければ朝家を出れば、夜家へ帰ってこれて、手の届くリスクのない生活で月末給料も普通に出る往復切符の生活だったけど、この生活を始めてから

『どうせ片道切符なんだからとりあえずやってみるか。』

と考えるようになった。
元の場所に戻るって発想がなくなった。
これってなんなんだろうか?

そういえば気仙沼に送り出される時、経済同友会のある方に、

『君達は今まで会社のデスクから半径3メートルの世界しか見てなかったと思うが、これからはビックリするほど大海原を見て生き方の価値観が変わると思うので期待しておいてほしい。』  

と言われたが、当初はまったくピンとこなかったがその通りだったと今は感じる。
たぶんこの先、出世もしないし、大した人間にはならないと思うが(笑)、おもしろい毎日を過ごせるピン芸人的には生きていけそうな気がする。

、、、ん、これで総括になってるのか?
いや、とりあえずやってみたので(笑)、今日はここまでにしておこうと思う。



posted by インディ at 14:07| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: