2017年02月24日

地域の現状のコンディションを把握する力

[気仙沼出向生活1369日目 残り37日]

九州大分県に出張しての講演の機会を頂く。

4B12729A-C7EB-448C-BF4A-6830B0EC9C63.jpg

テーマはマーケティング。

EE3137F3-A959-45E7-B685-3B5FC5BF4160.jpg

気仙沼で出来立てホヤホヤのマーケティングレポートを題材に同僚の小松くんと地域の現状コンディションを把握する力の必要性とその方法について話してきました。
これにより気仙沼では宿泊人泊数や施設利用人数や購買単価などがマンスリーで把握できるようになる仕組みを構築できた。
街の楽しいコンテンツづくりも大事だが、こうしたファクトデータの整理はこの業界の最もウィークポイントだといえる。
とはいえ、我々もまだ始めたばかり。
今後こうした取り組みで事例共有できたり、協働できたりする自治体が増えてくるとを願う。
それにしても相方こまっちゃんの講演は予備校の先生みたいでちょっとカッコよかったぞ。

4B31ACB5-B755-49DD-946A-8EB919A7679A.jpg5B1C3B48-75E6-49E5-9134-5CB4AFED773C.jpgF9D90568-99A7-4A59-B599-082E24581717.jpg



posted by インディ at 13:30| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: