2016年09月02日

仕事マンの評価は「生産性」1点だけなのか?

[気仙沼出向生活1198日目 残り223日]

仙台で登壇の機会。
悩みを抱えるバリバリの仕事マンの大半の問題で気付いたのは、勝ち負けには勝ってきたが承認される指標が「生産性」の一点だけで辛いということ。
仕事人としての幸せや豊かさは仕事の生産性を称えられることのみなのか?
そうじゃないとしたらなんなのか?
最近のテーマは、「クロスセクターから生まれる利益だけでない共認によるイノベーションの可能性」。
とはいえ難しい問題だよなあ、、
、、、とか言ってるうちに酔っ払っていい気持ちなので幸せな気分なまま帰ります、、m(_ _)m
シンプルにみんなが笑えるといいなと思う今日この頃。

image.jpg

image.jpg


posted by インディ at 00:25| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。