2016年07月11日

スイスDMOツェルマット視察報告の連載を三陸新報に掲載

[気仙沼出向生活1149日目 残り268日]

今日から始まったスイスツェルマットDMO視察の連載記事。
全10回1万字以上の原稿で視察メンバー全員の執筆による記事が掲載される予定です。
単なる感想文ではなく、章立てされて視察のナレッジのポイントを地元の各メンバーから共有いただけます。
個人的にはなぜ気仙沼が今、ツェルマットから学ぶ必要があったのか?またスイスツェルマットという150年前ほとんど人がいない草木も生えないようか寒冷な岩山しかない僻地がどうやって国を代表するようなリゾート地と発展したかやその際の生み出されたDMOのノウハウもかなり具体的にわかると思うので全国のDMOを検討している自治体関係者の方にも読んで欲しい内容です。
舛添さん問題もあり血税で海外視察に行くことの是非が問われる昨今。
この学びを結果に変えられるかお腹に力が入るところですね。

image.jpg


posted by インディ at 23:18| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。