2016年04月29日

3年後のあるべき姿

[気仙沼出向生活1079日目 残り340日]

資料整理をしていて不意に見つかった1枚のパワポのページ。
「気仙沼観光の3年後のあるべき姿」と書いてある。
これは我々が被災地に来た2013年に当時の出向者と地元の人とで語りあい作った3年後の気仙沼にあってほしい姿を言葉にしたもの。
そこに書かれたものは以下5つ。

1.リアス式海岸の景観だけでなく、楽しく過ごせる体験プログラムが街にたくさんあって訪れた方が帰りたくなくなる状態になっている
2.「気仙沼といえばこれ!」というご馳走グルメがあり、それを食べにたくさん人がやっ来る
3.地元市民の観光意識が醸成されて観光従事者が増えている
4.観光情報がストレスなく手に入っていろいろ街歩きが出来る
5.近くの街と広域連携できてたくさんの人が行き来して楽しめる

3年前はできたらいいね、って地元の人たちと言っていたが、現在2016年を見ると、、
1.は「ちょいのぞき気仙沼」を中心に体験プログラムが増え、

image.jpg

2.は「メカしゃぶ」、「メカすき」や「フカヒレ丼」ができて

image.jpg

3.は「ば!ば!ば!の場」ができて

image.jpg

4.は「気仙沼じゃらん」など情報媒体 ができて

image.jpg

5.はインバウンドを取り組み始めて陸前高田などと繋がりつつある

image.jpg

そういえばこの一枚から自分たちが取り組むテーマを決めたのを思い出した。
こう見ると、ちょっとずつちょっとずつだが、みんなが言ったことが形になってきてるなあ、と気づく。
有言実行、目標をバックキャストする、、いろいろ言いようあるんだろうけど、結局は地域で関わるみんなが楽しみながら描いて取り組んだことと、ちゃんと自分の持ち場で行動したことなんじゃないかと思う。
そして今年はこれを継続的に仕組み化する1年。
改めてこのページは今後も自分も忘れないようにすぐ取り出せるところに置いておこうと思う。
posted by インディ at 22:24| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: