2016年04月29日

東京でのDMOシンポジウム

[気仙沼出向生活1077日目 残り342日]

東京でのシンポジウムに参加。
せとうち、唐津、気仙沼、自立した地域経営に取り組む3市町村のリーダーと観光庁参事官の登壇とパネルディスカッション。

image.jpg

4者4様の地域経営の方法論で、
形態も単一市町村から広域エリア連携までエリアもさまざまで、
財源も公的財源主体モデルもあれば民間財源モデルも、さらに民間財源も自主事業からリフォームした箱物の施設運営委託による利益創出などそれぞれ。

image.jpg

これまでのシンポジウムの中では一番参考になることが多かった。
せとうちの方からは金融機関とのスキームや「汗をかく」重要性を、唐津の方からは自主財源づくりの貪欲さを学んだように思う。
そして気仙沼からは菅原昭彦商工会議所会頭が登壇。

image.jpg

image.jpg

システムチックな経営の方法論の話だけではなく、豊かな街を作るために必要な郷土教育の必要性や、これらを推進していくために危機意識の醸成の重要性を説かれるなど3市町村の中で一番地域がそれを行う根本的な目的と地元への思いと深みのあるお話だったように感じた。
そして自分もシンポジウム終わりに思わぬ取材依頼と打ち合わせに捕まってしまった。。
どこの番組かは後日また共有します。
posted by インディ at 22:14| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: