2015年09月12日

シェア会という場づくりに学ぶ

[気仙沼仮設生活856日目]

ここのところずっと投稿してきた市民の方と地域の魅力の再発見していくプログラム作りを行うば!ば!ば!フェスティバル。
今回開発された5つは投稿した通りすべて好評で、どれもまた是非市民の方々で今後も開催していってほしいものばかりだったが最後に共有したいものがある。
それが今日投稿したいシェア会。

image.jpg

僕が気仙沼の初年度に気楽会という地元の会から教わった画期的な手法。
何かと言うと、これまで投稿してきた各プログラムの様子をFacebook上で参加者とスタッフ交えて専用スレッドに画像とテキストをUPして実況中継をしてもらう。
そしてそれを夜の懇親会で投稿した内容をタイムラインに沿って大きなスクリーンでシェアしながらみんなで振り返る。
日中に起こった様子をリアルに全員で振り返りながら、片方で起こっている事柄の裏で別のプラグラムで起こっていた事柄も垣間見えてそれぞれ別々の場にいたみんなが気仙沼の魅力を再発見するというテーマで夜にひとつになれる仕組みになっている。

image.jpg

たったこれだけ、と言っては失礼だがこれは非常に有意義な時間の作り方だと思う。
場の目的を再確認し結束を高めるため「振り返り」と「共有」という非常に重要な要素を全部取りできる会。
気仙沼にはこういった場の重要性を理解している人が多い気がする。
これは企業としても取り入れてもいい手法のように思う。
今後自分もいろいろな場面で使わせていただこうと思います。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 21:40| 宮城 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1からはまだ見れてませんが、東京から気仙沼へ来て800日オーバー!!その発想と行動力がすごいですね!変な意味ではないのですが、とても面白くて魅力的ですね。
Posted by たけぴ at 2015年10月06日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: