2015年09月12日

ば!ば!ば!フェスティバル (5)

[気仙沼仮設生活855日目]

先週土曜に実施したば!ば!ば!フェスティバルの振り返り、今日は最後のプログラム5。

「日本で二番目に美しい星空」
〜ツリーハウスから眺める星空の物語〜

環境省の調査で、気仙沼は肉眼、双眼鏡で見る日本で星空が美しい地域として全国2位を取ったことがあるらしい。
惜しい、、!?
けど1位でも2位でも綺麗のは綺麗。
ちなみに自分も初年度ここから星空を見たことありますが、ビュンビュン流星が飛んでてたのを思い出します。
、、ということでそれをプログラムにするというアイディア。
さらにこれを最近すっかり気仙沼名物となったツリーハウスから見ようという企画。
これなかなか秀逸で星空だけなら日本で2位かもしれませんが、

「キレイな星空」×「ツリーハウスから眺める」

image.jpg

image.jpg

とすればこれはオンリーワンになる。
プログラムは、まず自分で望遠鏡を作るところから始まる。

image.jpg

image.jpg

望遠鏡は何も高額なものを買わずとも老眼鏡とチップスターの筒があればできるらしい。

image.jpg

それを作った後に星空の写真を見ながら星座のお勉強。
そしていよいよ星空観察!
、、といければ良かったんですが残念ながらこの日は曇り。
これで終わりか、、と思っていたらさすがスタッフの皆様の準備。
改装した蔵をプラネタリウムに。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

やはりみんなでプログラムを練りこんでいくことでいろんなアイディアが出てくる。
今回のイベントを通して港町気仙沼、というイメージだが一昨日のイチゴや昨日の屋号、今日の星空などまた違ったイメージの街の魅力を市民の方々で創出できたように思う。
これも是非またもう一度やってほしい企画のように思いました。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 21:36| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: