2017年01月31日

例えるなら『アプリ』と『OS』

[気仙沼出向生活1347日目 残り59日]

気仙沼出向まもなく4年満了。
1年目は、
地域というものに慣れて、まずは都会との価値観の違いを教えてもらい、
2年目は、
そんな地域の方々とおもしろい取り組みを始めて、
3年目はその取り組みを事業化して、
4年目はその事業がまわるための地域のしくみをつくる仕事に没頭している。

スマホに例えるなら去年までは環境に慣れて仲間を見つけておもしろいアプリ開発に没頭してた感じで、今年はOSの開発に没頭してる感じ。
その中でアプリ開発では見えてこなかった存在の方が実はOSでは非常に重要な役割を担ってることに最近よく気づく。
行政、商工会議所、地銀、地元メディア、NPO、まちづくり協議会、、
ここのところは地味だけどダメージのデカイことや昨日、今日もそんなことを発見して鳥肌がたった1日。
そして「地域で動く」と決まった時の全体の力にも驚く。例えるなら今日はアプリでよくある『PUSH通知』の機能の役割を担っていた方との会話か、、
おもしろいコンテンツの裏にはこういうアプリ横断型の裏方でなくてはならない方もいる。
地域って深いなぁ、、
地域のメカニズムって地味でめんどくさいけど(おっと!?)でもおもしろい。

posted by インディ at 23:37| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする