2016年12月07日

すごく意外な答え

[気仙沼出向生活1296日目 残り123日]

昨日、とある依頼で個人的に何人かの人材育成道場の卒塾生にお願いして集まっていただいた。

目的は、

「道場で何が変わったか?」

ということ。

道場の半年間のタイムスケジュールを追いながらどのタイミングで何を感じて、どんな行動をしたか?などできるだけ具体的に当時の様子を伺っていく。
どの方も当時の会社の状況から相当ジャンプした構想を描かれて、今は着実に事業構想を進められている方ばかり。
その中で一番多い意見が以下だった。

「この道場のおかげで地域における自社の立ち位置がわかった。」

俺も、俺も、、と同調する方が続く。

個人的にすごく意外な答え。
逆にその立ち位置にこだわり過ぎて動けなかったのかと思ってたけどそうじゃないんですね。
そこから、

「会社における当事者意識に火がつく」

らしい。
すると、

「褒められることを実感しなかった現業においてもっと『ありがとう』と言ってもらえる瞬間をどう作るか?」

を考え始め、結果それを語れるものが見つかると爆進し始め、最後には

「それにより従業員がさらに自社に誇りを感じてくれるようになった」

という。

「地域における自社の立ち位置→会社における当事者意識→感謝される瞬間探し→事業創造&従業員モチベーションアップ」

このサイクルって何なんだろうか?

道場をやって4年経つけど、こういう角度から地域の経営者の気持ちの変化を分析したことはなかったので非常に新鮮。
このプロセスは、地域に変革を起こすひとつのナレッジなのかもしれないと。
備忘録的に残しておこうと思う。
ご協力頂いた塾生の皆様ありがとうございました。

それにしても全然関係ないがその日の夜、福よしで初めて玉子焼きを頂いた。
F61FE0F2-D64A-427F-965C-3AAF3EA8BE43.jpg

これひとつで卵11個分使うらしい。
こんなこだわりのメニューがあったとは、、
これもすごく意外でした。。笑


posted by インディ at 22:38| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする