2016年12月12日

他所者(よそもの)の役割

[気仙沼出向生活1300日目 残り119日]

今日でジャスト1300日。
あと100日ちょっとで今度こそ出向生活が終わる。
記念すべき区切りの日に行ったのは同じく数年前に他所からやってきたおじさん達との飲み。
お互い気仙沼という知らない土地に突然来るハメになり、しかもいい歳してだからなかなか当初は辛かった。
でもこの街からかけがないのないもの教えてもらい今はすごく感謝している。
そんな話ができる貴重な機会。
僕もこのお二方に何度となくピンチを救っていただきました。

長期赴任している人、移住するのを決めた人、そして来春に帰ることに決めた人(私)、三者三様それぞれの地域に移住してみての戸惑いや感想からいつしか自分たちの役割の話へと移る。

結局僕ら他所者の役割は接着剤であり、街のパーツにはなれない。
ただ街を良くするための役割をもらえるということへの気持ちは意外にものすごく大きかったりするので、そこはモチベーションにもなる、とか。

ではどんな役割が街のためであり、ご本人のためでもあるものなのか?
今日はひとつその提案をさせていただきお二人に来期、取り組んでいただけるとご快諾いただきました。

個人的に地域活性のあり方を客観的に見ていた時に、この他所者の役割について言語化出来ている事例はまだまだある気がする。
単純に「外部からの刺激として重要」ということだけでなく、こういう方々がどんなモチベーションを持って、どういう動きの中から街にどんな影響を与えるかは科学することは必要なのでは?と感じるくらい気づきの多い本日でした。

それにしても知らない土地でそれぞれの夢を追う中年の我々に付けられたあだ名、ピーターパンおじさんズという名前は本当に的確だと思う。

5D7DD3B9-7A06-467A-8CA5-99FD764186C1.jpg
posted by インディ at 00:07| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

人前で大風呂敷を広げる勇気

[気仙沼出向生活1298日目 残り121日]

人材育成道場のとある期の忘年会にお誘いいただく。
卒塾後の状況を聞いてるとみんな描いた事業構想からすごい進んでる。

凄いなあ。。

「卒塾式のように人間、多くの人前で大風呂敷を広げる勇気って重要なのかもね。」

たまたまトイレに行った際に話しかけてくれた方との会話。
ほんとそうだよなあ。

そういう意味では気仙沼は一番、大風呂敷を広げてる方が多い町なのかも。
それってつまり住民が一番挑戦している町なのかもしれないなと。
被災されてから5年、ほんと壮絶なV字への期待を感じる迫力だよなあ、と感じる今日この頃。

783C9C48-1E29-4A2D-9C1A-A60C3A8EF9DC.jpg

posted by インディ at 22:13| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

すごく意外な答え

[気仙沼出向生活1296日目 残り123日]

昨日、とある依頼で個人的に何人かの人材育成道場の卒塾生にお願いして集まっていただいた。

目的は、

「道場で何が変わったか?」

ということ。

道場の半年間のタイムスケジュールを追いながらどのタイミングで何を感じて、どんな行動をしたか?などできるだけ具体的に当時の様子を伺っていく。
どの方も当時の会社の状況から相当ジャンプした構想を描かれて、今は着実に事業構想を進められている方ばかり。
その中で一番多い意見が以下だった。

「この道場のおかげで地域における自社の立ち位置がわかった。」

俺も、俺も、、と同調する方が続く。

個人的にすごく意外な答え。
逆にその立ち位置にこだわり過ぎて動けなかったのかと思ってたけどそうじゃないんですね。
そこから、

「会社における当事者意識に火がつく」

らしい。
すると、

「褒められることを実感しなかった現業においてもっと『ありがとう』と言ってもらえる瞬間をどう作るか?」

を考え始め、結果それを語れるものが見つかると爆進し始め、最後には

「それにより従業員がさらに自社に誇りを感じてくれるようになった」

という。

「地域における自社の立ち位置→会社における当事者意識→感謝される瞬間探し→事業創造&従業員モチベーションアップ」

このサイクルって何なんだろうか?

道場をやって4年経つけど、こういう角度から地域の経営者の気持ちの変化を分析したことはなかったので非常に新鮮。
このプロセスは、地域に変革を起こすひとつのナレッジなのかもしれないと。
備忘録的に残しておこうと思う。
ご協力頂いた塾生の皆様ありがとうございました。

それにしても全然関係ないがその日の夜、福よしで初めて玉子焼きを頂いた。
F61FE0F2-D64A-427F-965C-3AAF3EA8BE43.jpg

これひとつで卵11個分使うらしい。
こんなこだわりのメニューがあったとは、、
これもすごく意外でした。。笑


posted by インディ at 22:38| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする