2016年11月21日

総括でありキックオフ。

[気仙沼出向生活1281日目 残り138日]

気仙沼に出向して3年半を超えとうとう残り4ヶ月に。
訪れたこともない街で、仮設住宅に住んで、知らない人たちと復興という初めての慣れない仕事をしてきて、いろんな助けをいろんな方からもらった感謝の反面、味方だと思う人にたくさん裏切られて自社からも遠い業務で正直孤独だった時も多かったですがそんな時いつも一番そばで支えていただいた経済同友会の恩師と今日はふたりで飲ませていただくことができました。
一つの会社組織に属さない今回のような業務を経験して学んだことは人は最後信じられるかどうかが重要なことのように感じました。
最後まで信じていただいた尊敬する恩師とこの出向生活の総括(少し早いですが)とここまでやった中でこれからの関わりといろいろふたりでゆっくり話せる貴重な機会になりました。
今日はある意味、出向生活の総括であり来期以降のキックオフとも言える日になったように思います。

「20年後の日本を見て考えられてるか?」

「地域で育てるのはプロダクト(商品)やビジネスだけじゃダメなんだよ、それじゃ俺らが関わってる意味がない!大事なのはそれを作る人を育てることなんだよ。」

本日もたくさん教えをいただきました。
来期以降も違った立場で関わり続けさせていただくことを約束できた恩師との貴重な時間に感謝。

伝えたいのはそんな今日の嬉しかったことの感想文ではなくどうすればこんな方になれるのか?そしてこんな生き方のビジネスマンに憧れられる若手がどうやったら増えるのか?
乱暴かもだけど会社の利益を上げられるだけのビジネスマンでは片手落ちすぎる気がする。。
社会のためにどう動ける人間になるか?
生意気ながらそんなことをまた感じた本日でした。
谷藤さん、大変お忙しいところお時間いただきありがとうございました。

76776B34-B546-4418-8C57-778D30CE3A58.jpg
posted by インディ at 22:49| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする