2016年10月17日

11月のちょいのぞき気仙沼申し込み開始

[気仙沼出向生活1247日目 残り172日]

11月の「ちょいのぞき気仙沼」
今回は名称改め「ちょい食べ気仙沼」として開催します。
どれも美味しい食の体験ばかりです。
是非お申し込みお待ちしております。

42AC44E3-A8D6-4E31-BB02-BEEB180A6649.jpg38FB0A00-2DCA-44C2-A904-3FBB5A24713A.jpg


posted by インディ at 21:53| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【感謝】『人材育成道場』という場を振り返って

[気仙沼出向生活1246日目 残り173日]
本日は第5期気仙沼・南三陸人材育成道場卒塾式。

170E10FD-6A42-459D-8447-419BAFF52EE2.jpgEAB79386-73C4-4ED5-9119-ACC4E321C76D.jpg

8607FBDB-3429-414D-93CE-E393D0A46B67.jpg
19名の塾生が卒塾されました。

5A06788C-F4EA-4DB5-9820-6600014E19B0.jpg

今期で最後。
その最後にふさわしい熱気溢れる場と塾生の心からの叫びにまた感動しました。
自分としては残り半年の出向を思うと正直今は以前のような気仙沼への猛烈な感情移入で激情的になるというよりは、冷静に起こってることを受け止めるようになってきているので泣くことはないと思ってましたが、とある塾生のスピーチを聞いて思わず泣いてしまいました。
それはその彼と3年前に初めて会った時と別人のように堂々とスピーチする姿に感動したことはもちろん、その彼と出会った頃、まだ気仙沼にきてまもなくだった当時の「道場」というまだよくわからないこの仕事への不安と、どこまでこの見ず知らずの街に私自身が受け入れられるかわからないものであったなかで、今日の聴衆の多さと道場のこれまでの歩みを振り返って、

この1,200日を経た後の今日の彼の成長と道場の存在の変貌ぶりに思わず熱くなってしまいました。。

「道場ってなんだよ?」

といわれた当時と、

「ああ、あの道場ね。」

と言われ、これだけの人が集まって場ができている今の気仙沼での受け入れられ方に、そしてそれも今日で最後なんだなあ、という気持ちが重なってじ〜んとしてしまいました。。

振り返ると、
結局一番学びになったのは僕ら出向者じゃなかったかなと思ってます。
幸いにも自分は全期に関わらせていただき、全86名の卒塾生と、経済同友会関係者やこの道場に関わる全ての関係者とご接点を持たせていただくことができ、通常のお仕事を超えたいろんな思いや人間関係のなかで進められ本当に感謝しています。
そして最後の市長のお言葉,

「今日みなさんが立てられた事業構想は本当に素晴らしいものだった。だけどうまくいかない人も出てくると思う。その時はいつでも今日立てた「志」は下ろしていいと思う。その時はいつでも臆せず下ろして、新たな「志」をまた苦労して探せばいい。ただあなたたちが最も学べたことは人間、「志」を持って進むと決めた生き方とそうでないなんとなくの生き方ではこれだけ見える世界や人との関わりが違ってくるんだということ。君たちにらそれをわかって欲しくてこの道場をらやったのかもしれない。それを知れた君たちはこの道場に出会えて本当にラッキーだったと思う。」

という言葉。
これは深い言葉だなあと。
そして最後にだからこそ受け取れた言葉かもしれないな、と。
この地域における道場の存在とはなんだったのか?
自分としてもこれからじっくり考えていきたいと思います。
いずれにしましても卒塾された皆様本当におめでとうございます。
そして協力いただけた全ての皆様、ありがとうございました。
今日でこの道場という場は終わりますが、また何かのご縁で違った取組で一緒にさせていただけることを心より願っております。

本当にありがとうございました。

森 成人


posted by インディ at 09:35| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする