2016年07月11日

スイスDMOツェルマット視察報告の連載を三陸新報に掲載

[気仙沼出向生活1149日目 残り268日]

今日から始まったスイスツェルマットDMO視察の連載記事。
全10回1万字以上の原稿で視察メンバー全員の執筆による記事が掲載される予定です。
単なる感想文ではなく、章立てされて視察のナレッジのポイントを地元の各メンバーから共有いただけます。
個人的にはなぜ気仙沼が今、ツェルマットから学ぶ必要があったのか?またスイスツェルマットという150年前ほとんど人がいない草木も生えないようか寒冷な岩山しかない僻地がどうやって国を代表するようなリゾート地と発展したかやその際の生み出されたDMOのノウハウもかなり具体的にわかると思うので全国のDMOを検討している自治体関係者の方にも読んで欲しい内容です。
舛添さん問題もあり血税で海外視察に行くことの是非が問われる昨今。
この学びを結果に変えられるかお腹に力が入るところですね。

image.jpg
posted by インディ at 23:18| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ちょいのぞき気仙沼」の商品多角化

[気仙沼出向生活1148日目 残り269日]
気仙沼プラザホテルさんの働きかけで今月より観光体験の「ちょいのぞき気仙沼」が宿泊プランに造成。
次回開催の来週7月17日(日)の前日、16日(土)のお泊まりであればちょいのぞき体験もセット(500円OFF)で利用できます。
さらに観光協会が「ちょいのぞき気仙沼」コンテンツを活かした団体旅行の営業強化で大型受注を決めてくる。
地元事業者たちで観光の数値目標を決め、それに基づきマーケティングしながら開発したコンテンツを、宿泊事業者が宿泊商品にし、観光協会が団体旅行商品にして営業する。
単発イベントやモニターツアーではなく継続的な仕組みになる本商品に据えるべくトライしてることは大きな一歩だと思う。
地域全体が連携と役割分担をはかりながらレバレッジを効かせて地元に交流人口を引き込んでくる試み。
結果になるまでまだまだ時間もかかるし課題も大きいが、
この積極的な動きは大切にすべきだと思う。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 23:15| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月「ちょいのぞき気仙沼」は一関から有料バスが出ます。

[気仙沼出向生活1147日目 残り270日]

今月の「ちょいのぞき気仙沼」ではバス会社さんのご協力で一関、平泉方面のお客様バス(有料)を走らせることになりました。
是非、その方面にお知り合いのいらっしゃる方は告知いただけると幸いです。
今月は7/17(日)です。
お申し込みはまだ間に合いますのでこの日お時間ある方は是非気仙沼に遊びにお越しいただけることをお待ちしております。
https://www.facebook.com/events/271878376504954/?hc_location=ufi
posted by インディ at 23:12| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする