2016年06月12日

スイスツェルマットDMO視察報告会から一夜明けて

[気仙沼出向生活1109日目 残り310日]

昨日の視察報告会から1日明けて、出会って、メールで、電話で、とにかくいろいろな方面から報告会についての意見や要望やリアクションを頂きました。

image.jpg

今日は午前中にまずその時いただいた参加者アンケートの意見をゆっくり全部読ませていただく。
過去開催させていただいたセミナーやシンポジウムでこんなに長文のご意見をしかもこんなにたくさんもらったことはなかったと思います。(もちろんクレームではなく前向きなご意見です)
特にDMOの地域データベース構築に対する関心の高さは思った以上。都会出身の自分からするとやっぱり地域全体で、ということへの気仙沼の方の感度は凄く高いんだと改めて思いました。
昨日個人的に一番印象に残ったのも、報告後頂いた質疑のご意見の数々。全意見記憶に残ってる。もし実施するなら全部検討が必要なことばかり。
たぶん詰め込みすぎて伝わらなかったかも、、と思ってましたがすごく深いご理解をいただいた上での建設的な意見の数々で確かにと思うことばかりでした。
やはりご意見をいろいろな方から頂かないとと学ばされる1日でした。

image.jpg


posted by インディ at 21:52| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイスツェルマットDMO視察報告会の実施

[気仙沼出向生活1108日目 残り311日]

スイスツェルマットDMO視察報告会終了。
予定を大幅に上回る人数に正直驚きましたが、それだけ街の関心が高いことだったんだと改めて実感。
でも何より視察メンバーの今日までの危機感と必死さを思えばまずは本当にお疲れ様でした。
そういえばツェルマット視察の初日の夜、メンバー全員から、

「森さん、僕ら物見遊山でここまで来たわけじゃないんですよ!気仙沼が潤う仕組みを持ち帰るために来たんですからこのままで帰れないので楽しいかとかどうでもいいのでもっと本質的な学びの行程メニューを頼みますよ!」

と全員に囲まれてショットバーで詰められたのを発表途中に思い出しました。。
そこまで本気で来てたとは当時思わなかったので。その時点からみんな自分が行く意味と、覚悟を感じていたんですよね、きっと。
今日はそんな各自の覚悟を感じた夜でした。

image.jpg

ただこれから仲間を増やすためには今日のこれだけでは多分まだ街の多くの人がちゃんと理解できてなかったり、来れなくて聞けなかったりで消化不良だと思うのでこれからみんなで街じゅうをキャラバンしないといけないのかもとも感じました。
3年取り組んできた気仙沼の観光ですが実はこれからがいよいよやっとスタートかもですね。
いずれにしてもここまで寝不足になりながらこれから何をしないといけないか今日のパワポ102ページのアウトプットをまとめられた視察メンバーの方々、本当にお疲れ様でした。
posted by インディ at 21:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。