2016年06月12日

気仙沼観光にまつわる取材に追われる。。

[気仙沼出向生活1123日目 残り296日]

今日も突然の取材依頼で右往左往。。
「DMO」、「着地型商品開発」、「メカジキブランド化」、、最近、気仙沼観光のテレビ、新聞、雑誌の取材オファーが増えてきて驚くとともに地元の皆様への段取り調整の対応にバタつく日々。。
今日もそうですが事業者さんにも無茶なお願いをすることも多く本当に申し訳ないです。m(_ _)m
まだまだ結果に結びつくにはもうちょっとかかるんでしょうが注目されることを励みに頑張らねばですね。
でも「被災地気仙沼」だけでなく、なにか発信している地域としての気仙沼のニュース性があるのは重要。
それにしても写真の皆さんが最近タレントさんのように感じてきたのは僕だけでしょうか、、(^^;;?

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg



posted by インディ at 22:50| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうすれば本気で地域で協同してビジネスができるか?

[気仙沼出向生活1122日目 残り297日]

この活動にとって今までになかった貴重な日。
東京資本の企業がどうすれば本気で地域で協働してビジネスできるかに向き合ったり、
そのために誰と何を共鳴するかであったり、
そもそもその地域の魅力となる何の強みがあるのかだったり、
そんなことを考えさせられる1日。
CSRではなくサステナブルなビジネス。
古地図まで調べて、

「重要なことは組める地域の文化的な区画を理解して徒党を組んでみんなでいいね!と言えること。」

と取り組みを考えるって本当に熱い。
地域と本気で向き合ってビジネスを創るプロセスの深さにハッとさせられました。
率直に今一番地域に欲しいものはなんですかと聞かれて答えることって難しいことですね。
それにしてもこのウニ最高に美味かった。

image.jpg
posted by インディ at 22:45| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐かしの自給自足生活

[気仙沼出向生活1120日目 残り299日]

去年までの仮設住宅の畑の代わりのプラントの苗から実がなりだす。
イチゴに獅子唐。トマトもナスも花が咲いてる。
プラントの底も浅く畑と比べれば根が張りづらいだろうにしっかり花や実がなるとは驚いた。
こう見てると仮設の畑で自給自足してた頃が懐かしいなあ。。

image.jpg
posted by インディ at 22:40| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。