2016年05月24日

皆にすぐ伝わる媒体があるコミュニティに暮らすこと

[気仙沼出向生活1103日目 残り316日]

気仙沼の地元新聞、三陸新報に広告を出す。
すると早速、朝からいろいろ反響をいただく。

「三陸さんに1面にドンって載ってたね。あの話題を朝からみんなで話してたのよ。」

という具合に。
気仙沼ではこの三陸新報に掲載しておけばそこを起点にとりあえず市民の大半にまず伝わっていく、みたいな言われ方をしていて住んだ当初めちゃ驚いたがこれ何気にすごいことだな、と思う。
自分は広告出版業の人間ですが都会ではどんどんメディアが増えて、利用する人が分散していくので実は集客というものがどんどん難しくなっている気がする。
ここに出しておけば間違いないというものがなくなり、集客方法がどんどん複雑になっていって困るという言葉をお客様から毎日のように聞きながら営業やっていた日々を思い出す。
働く場所と住む場所が同じなので、記者さんとも顔なじみになるし、こういうマスコミとの距離の近さも地域に住んでから気づいたことかも。
そういうことからも都会ではテーマ的なコミュニティはできても、地域コミュニティは形成しづらいのかもしれないな、とふと感じたり。(それだけではないだろうけど)
あ、スイスツェルマット視察報告会は5/25(水)18:30より市役所大ホールで当日まで受け付けております。

image.jpg
posted by インディ at 23:21| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(再告知)スイスツェルマット視察報告会

[気仙沼出向生活1100日目 残り319日]

以下の件、すでにお問い合わせもいただいておりますがまだ間に合います。
スイスツェルマット視察報告会になります。
皆、猛烈に当日準備を進めております。
あとその学んだ内容を具現化する準備も含めて。
多数のご参加をお待ちしております。
そういえば今日は気仙沼に来て区切りの1100日。
でももはや何が区切りかわからなくなって感がありますが。。

image.jpg
posted by インディ at 23:10| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯治という世界2日目。

[気仙沼出向生活1098日目 残り321日]
いろんな方のご紹介を受けて湯治という世界を初めて経験し終えたがこれは独特の時間と空間。
なんか修行っぽい空気を感じる。
普通の温泉より全然強い泉質に初めて体が負けた。。
2日半入り続けたが入浴1回あたり15分が限界、、
天然の岩盤浴も初めて。
体が良くなってることを祈る。

image.jpg
posted by インディ at 23:05| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする