2016年04月10日

近隣市町村のファミリー層にも認知拡大中。「ちょいのぞき気仙沼」

[気仙沼出向生活1063日目 残り356日目]

いよいよ今週末16,17日に迫りました「ちょいのぞき気仙沼」。
港町ならではの他の街ではできない体験が揃ってます。
今年から近隣(気仙沼、一関、女川)の小学校や中学校の子供達にも全員手に届くようなプロモーションを行えるようになってきたおかげでファミリーの方の参加予約も来ております。
間も無く締め切りになるものもありますので是非お早めにご検討を。
あと地元の皆様にもご参加はもちろん、告知強化も引き続きお願いします。
何卒よろしくお願いいたします。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 22:22| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東京の方に告知]DMOシンポジウム開催されます

[気仙沼出向生活1062日目 残り357日]

※東京の方に告知です。
以下の通りDMOシンポジウムがまた今月下旬に開催されます。
今回は今の私の観光の業務のボスでもあられる気仙沼市商工会議所 菅原昭彦会頭がご登壇されます。
前回昨年11月の開催時に私も登壇させていただきましたが、その際はまだまだ勉強不足でしたが、今回はその後のスイスツェルマットでの視察の学びも経て、より濃い内容のノウハウを会頭のお話から学べる場になると思います。
是非お時間ある方はお越しください。
(私も当日は出席させていただきます)


※詳細は下記※
【地方創生×DMO(観光経営)】
「観光庁による関連政策の動向と先進地域事例の紹介」
(広域連携DMO/地域連携DMO/地域DMO)
〜地域未来デザインの可能性と課題についての最新レポート〜
政策シンポジウム【地方創生×DMO(観光経営)】概要
【日時】 2016年4月23日(土)15:00〜17:00 ※開場・受付開始は14:30〜となります
【会場】 富国生命ビル14階・第4セミナールームA
東京都千代田区内幸町2-2-2
【定員】200名程度 *先着順となります
【備考】 参加費無料 (会場受付にて名刺を1枚ご用意下さい)
【主催】 政策分析ネットワーク/株式会社リクルートライフスタイル
【パネリスト/モデレーター(敬称略)】
・国土交通省観光庁参事官 舟本 浩
・せとうち観光振興機構 事業本部長(COO) 村橋 克則
・宮城県気仙沼市 商工会議所 会頭 菅原 昭彦
・佐賀県唐津市 いきいき唐津株式会社 専務取締役 甲斐田 晴子
・株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター センター長 沢登 次彦(パネリスト兼モデレーター)
【総合司会】■政策分析ネットワーク事務局長  田幸 大輔
【プログラム概要】
・15時10分〜15時20分 日本版DMOの最新状況報告 (仮)話者 国土交通省観光庁参事官 舟本様
・15時20分〜15時40分 DMO事例発表:唐津のまちづくり会社からDMOへの飛躍(仮)いきいき唐津 専務取締役 甲斐田様
・15時40分〜16時    DMOプロセス研究を受けての課題と可能性について(仮) じゃらんリサーチセンター 沢登
・16時〜16時50分    パネルディスカッション
メールにて下記内容を記載いただき、参加をお申し込みくださるようにお願いいたします。
■お申込み先(メール):takoh@r3.dion.ne.jp
・ご氏名:
・貴社名:
posted by インディ at 22:19| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

把握する力と稼ぐ力

[気仙沼出向生活1061日目 残り358日]

- 気仙沼に来訪する観光客の都道府県別の割合は?
- どの年代の方が同乗者を何人連れて何目的が訪れる人が多いのか?
- 車で来る人と電車で来る人の割合は?
- ランチでいくら払う気でいるか?
- お土産にいくら買って帰ったのか?
- 気仙沼への来訪を人に勧めたいと思う割合は?

実は意外に答えられなかったりする。
現状コンディションを把握する力が上がり、マーケティングしていくと色々見えるものも大きく、企みが膨らむ。
把握する力と企む力。
この当たり前の感覚を磨くことが結構大事。
それにしても意外な結果だった。。
posted by インディ at 22:17| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼ば!ば!ば!の場今年もメンバー募集中です。

[気仙沼出向生活1060日目 残り359日]

ロゴが決まってブルゾンに、活動紹介チラシに、ノボリに、名刺に、webページにムービー、、これだけ本気でツールが揃って来ればやれることまだまだ広がりそうですね。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

しかしすごい地元のチームワークですね。
今年の活動が楽しみです。
地域を誇る仲間、webページより募集しております。
気仙沼ば!ば!ば!の場!公式webページできました。
http://ba-pro.jp
※ば!ば!ば!とは驚きを表す気仙沼の方言です
posted by インディ at 21:52| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょいのぞき気仙沼 お申し込み募集中!

[気仙沼出向生活1058日目 残り361日]

4月16日(土)、17日(日)に開催される観光体験「港町ちょいのぞきin気仙沼」にもうお申し込みいただけましたでしょうか?
港町ならではの漁師体験、に函(はこ)屋、氷屋、漁具屋の体験や魚市場潜入に、メカジキ解体ショー&BBQにツリーハウスピクニックなど丸2日間遊べるところ満載です。

image.jpg

image.jpg

市外の方もそうですが、地元の方も新しい気仙沼の発見があって楽しめますよ。
そんな「ちょいのぞきin気仙沼」に公式ホームページができました。
まだまだ簡素なページですがこの先、充実させていければと思いますので皆様ご登録のほどよろしくお願いいたします。
「ちょいのぞきin気仙沼」公式ホームページ
http://cyoinozoki.jp
あと16、17日のお申し込みもお待ちしております。
posted by インディ at 21:45| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街のミッションと住民の高いコミットメント

[気仙沼出向生活1057日目 残り362日]

ツェルマット視察での学びを書いて何度目だろうか、、
備忘録も含めて共有できるものはできるだけしておこうと思う。
ツェルマットに来て驚くのは、まず家庭から出るゴミをすべて回収して自前で電気を作ってエネルギーを自ら生み出しているところ。

image.jpg

そして結果として街に存在するのは馬車と電気自動車、あとはマッターホルンへ登る列車、ケーブルカーと全部その自家発電の電気が動力源となっている乗り物しか存在しない。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

そのため訪れるにはオイルを使っている車を前の駅において電車で来なければならない。
なので写真にある通りツェルマットの前駅には道路標識に

「Kiss&Ride(車にお別れのキスをして電車に乗りな。」

image.jpg

(写真提供:渡邊 幸市さんありがとうございます)

と公に掲げられてある。
日本人ガイドにそのことを伺うと、

「自分も最初は半信半疑だったが街に住むと住民が本気で環境との共生を自分たちのミッションだとコミットしていることがわかった。」

と言われた。
ツェルマットは自治体自体が観光戦略を持っていてそれが市民はもちろん、観光客にも浸透している。
公になっている戦略は以下3つ。
ビジョン:世界一のエコリゾート
ミッション:環境との共生
バリュー:アクティビティの提供
中でも「ミッション」の環境との共生についてのコミットメントレベルは非常に高い。
街自身が掲げる「ミッション」への取り組みと住民のコミット。
気仙沼で言えば「海と生きる」か?
街の魅力を創る必要な要素なのかもしれませんね。

posted by インディ at 21:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何もなかった地域に人の魅力とお金が集まった2つの大事なこと。

[気仙沼出向生活1056日目 残り363日]

郷土教育の話。
スイスツェルマットでたまたま聞いた会話。

「スイスに来たばかりの頃スーパーに行って、スイス産の1パック300円の卵とインポートものの150円の卵があった時に地元のオバ様方はみんな300円の方をずっと買うんです。」

と地元に住む日本人ガイドの人から話を聞いた。
最初なぜだかわからなかったがその後、スーパーで会う買い物仲間たちができたので思い切って聞いてみたら全員以下のような2つの同じ答えをしたらしい。
一つ目はスイス製品は安全だ(と思っている)かららしいが、なんと2つ目が、、

「もしインポートものを買ったらこの地域にあるお金が外国に出て行ってしまう。それは巡り巡って自分の旦那や家族、親戚、友人など地域にいる人への巡りが減っていずれ生活に支障が出てしまうでしょ?」

と。
決して裕福だからでなくこれがスイスの郷土教育だということらしい。
木も生えないゴツゴツした岩山ばかりの土壌に、激しい雪と厳しい気候で地域資源が乏しいことから生まれた住民の危機意識。
その危機意識がDMOという地域一丸となって稼いで街が潤うことを美徳とする仕組みをつくり、同時に地域住民の暮らしを第一に考える郷土教育を育んでいる。
だとすれば外国産にホイホイ飛びつく自分と、気がつけば長い不況に陥り続けている日本を思うとなんとなく切なくなる。。
写真はマッターホルンの前にたった1個の山小屋しかなかった150年前のツェルマットと今。

image.jpg

image.jpg

また新たな地域の奥深さを学ばせていただいた話なので備忘録的に書いておこうと思います。
posted by インディ at 21:35| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もやります「ちょいのぞき気仙沼」

[気仙沼出向生活1055日目 残り364日]

今年もやります「港町ちょいのぞきin気仙沼」。

image.jpg

image.jpg

世界の港町気仙沼ならではの観光体験が4月16、17日の週末土日の2日間で味わえます。
4時間だけ漁師になって最後は美味い魚介類を食べたり、氷屋や箱屋の体験、さらに漁具芸人のプログラムやツリーハウスピクニック、メカジキ解体ショーや魚市場復興物語など今回は過去最多7プログラム行います。
(お申し込みは1プログラムからOK)
さらに今年は毎月1回実施が決定。
直近では上記4月の日程ほか、5月5日、6月18、19日も実施。
プログラムを体験して美味い魚料理を食べる週末。
市外の方もですが、是非市内ファミリーの方なども地元観光をしてみませんか?
posted by インディ at 21:28| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ば!ば!ば!の場Webページ開設

[気仙沼出向生活1054日目 残り365日]

今日の三陸新報の一面をご覧になられたでしょうか?

image.jpg

image.jpg

気仙沼ば!ば!ば!の場!のWebページが完成しました。

***************************
(以下 URL)
気仙沼ば!ば!ば!の場
http://ba-pro.jp
***************************

是非、ご覧いただければと思います。
結成から2年半ようやくできました。
先ごろできたチャンネルも視聴いただけます。
ページは気仙沼が誇る鉄板のクリエイティブ陣、斉藤 道有くん、佐々木 義洋さん、廣野 一誠くんの製作、そして最高のプロモーションをご提案いただいた伊藤 和臣さんのおかけで実現しました。
私は何もできてませんが、ご紹介だけでもさせていただきます。
地域を誇る仲間を引き続き募集しております。
そういえば残り365日。
ジャスト1年。
いろいろ考える年度末。
頑張っていきましょう。
posted by インディ at 21:25| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域内で気持ちよく消費させる工夫

[気仙沼出向生活1053日目 残り369日]

スイス視察ツェルマットからの気づき。
こんな細かいところからも。
高度3,800メートルのところにある山小屋のトイレ。
何気ないトイレに見えるが、入り口の前に写真の見慣れない機械が、、!?

image.jpg

なんと2フラン(280円)を投入するとトイレの中に入れた。
なんだ?有料トイレか、、ちゃっかりしてるなぁ、、
と思ったらそこから何か券が出てきた。

image.jpg

実はこの券はこの山小屋でその日だけ使える商品券になっているんです。

「どうせならこの有料トイレのお金返すからここでしか買えない思い出に使っていきなよ。」

っていう感じ。
これなら結果的にトイレはタダで使えてお金を投入した分の券はきっちりこの山小屋でのハレの日の購入に充てられる。
ただの有料トイレでなく、どうせ地域内で消費させるにしてもこういう形なら気持ちよくお金を使ってもらえるだろうという仕掛け。
山小屋のレストランで使用させていただきました。

image.jpg

こういうのさりげないし嫌な気がしないのでいいと思いました。マッターホルン近辺はいろいろ仕掛けがあっておもしろいです。
ただ一つ難点は高度が高度なので呼吸が苦しく高山病のようになってしまうところです。。

image.jpg
posted by インディ at 21:22| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼ば!ば!ば!プロジェクトチャンネル開設のお知らせ

[気仙沼出向生活1052日目 残り370日]

なんと気仙沼ば!ば!ば!の場! のチャンネルができました。

image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

これまで実施したプログラムを追いかけるムービーが 観れます。

●世界初の化石が、気仙沼で見つかるかも。●
https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fm.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Di04hqdYGlSc%26feature%3Dyoutu.be&h=PAQHxsoIJ

●階上いちごでバレンタイン●
http://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fyoutu.be%2Fw9g37ZxCeWY&h=kAQEpjZzN

●気仙沼古地図の旅。●
http://l.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fyoutu.be%2FKmCP3T2WemI&h=uAQH9o-t-

●風と天旗と、気仙沼。●
https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fm.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DlHQ95xE_lWw%26feature%3Dyoutu.be&h=zAQFycGGI

是非お時間あるときにご覧ください。
明日以降も順次UPされていくようです。
乞うご期待。
チャンネル登録も是非お願いします。
※コメント欄に順次動画へのリンクをUPしていきますので是非ご覧ください。
posted by インディ at 21:17| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする