2016年04月02日

ピクト

[気仙沼出向生活1051日目 残り371日]

スイスツェルマット視察での学びは非常に大きかった。
本質的にはDMOのことだが、細かいところでもいろいろ。
例えばこんなところ。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

スイスは他言語国家で日常会話に、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語が入り乱れている。
さらに観光客の出入りも激しいのでそれこそいろんなものの言語対応を考え出すと、キリがない。
そこで考え出されたのがこれ、ピクト。

ピクトをうまく活用することで言語対応なら莫大なスペースを取っていただろう案内表示面積が非常にコンパクトでさらに見た目もいい。
そういえば帰りに東京のJRを眺めてみたが、日本語、英語、中国語、韓国語などいろんな言語に対応して膨大な面積を取っている案内表示板があったと思えば、切符売り場の真上にある一番よく見る路線図が日本語でしか書かれてないなんてビックリ。。
外国人の方はあれを見ずにどうやって目的地にたどり着くんだろうか、、!?
こういった知恵も日本各地で取り入れていかなくてはいけないのではないだろうか。
posted by インディ at 21:12| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイスDMO視察終了

[気仙沼出向生活1050日目 残り372日]

スイス視察を終え無事日本に帰ってこれました。
今回はジュネーブ→ツェルマット→ベルン→チューリッヒと非常に中身の濃い内容となりました。
特にツェルマットでのDMO視察は、やっとこのDMOという言葉の意味をきちんと理解できる機会となり、大変充実した時間となりました。
DMOとは、
地域ブランドをダイレクトマーケティングしていきながら地域側に人とお金を呼び込むシステムのことを言うんですね。
そしてその方法論も頭だけでなく皮膚からもしっかりと身に付けることができました。
あとはどう実践に移していけるか?
今回のこの機会を与えていただいた全ての方に感謝。
そして何よりこのメンバーの皆様とご一緒できたことにも感謝しております。
時差ボケは残る頭の中ですが、さっそく今日から動いてみたいと思います。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 20:37| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産ベルンへ

[気仙沼出向生活1049日目 残り373日]

スイス視察最終日は世界遺産ベルンへ。
素敵な街並みから「街歩き」の魅力を学ぶ。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

定めた狭域エリアに街のそのままを集めてそれをMAPにしてナビゲーションする。
結局これだけで観光は出来てしまう、、と思いながらもガイドや現地の人との出会いがあるかないかであとに残るその街のイメージが大きく変わる。
結局は人なんだよなあ、とつくづく思う。

posted by インディ at 20:32| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツェルマットDMO視察最終日

[気仙沼出向生活1048日目 残り374日]

スイスツェルマット視察最終日。
頭のキャパいっぱいまでDMOを学ばせていただきました。
視察メンバー全員の意識の高さで時間いっぱい学べるところまで学べたようにおもいます。
あとはどう取り入れて実践するか?
それにしても話を聞けば聞くほどこの街から漂う市民の心の豊かさはどこから来るんだろうと感じる。

「なぜこんな人も近寄れないような切り立った渓谷の山奥の街がここまで栄えているのか?」
と初日に聞いた時、

image.jpg

「この街の人は貧しい環境で生き抜くため、危機感を高く持ち、自身の街の魅力を謙虚に理解し生きていくための術に変えた。ただそれだけですよ。」

と言われた意味が少しずつ理解できるようになってきている。
生きる術としての観光であり、生きる術としての地域マネジメント、マーケティングの仕組みであり、何よりそれらを機能できる高いレベルの合意形成ができる教養が身につく教育に大きな比重が置かれた素敵な街に思えました。
そしてついに早朝赤焼けマッターホルンとも遭遇。

image.jpg

ツェルマットがスイスを代表する豊かな街になれたというこの歴史を紐解く時、いかにこの山の存在が大きいかも学ばせていただきました。
魅力にあふれた街ツェルマット、今度はプライベートでまた必ず訪れたいと思う。
最後にこんな無茶なお願いの視察にお付き合いいただいた山田桂一郎さん、本当にありがとうございました!

image.jpg

image.jpg


posted by インディ at 20:19| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツェルマットDMO視察2日目

[気仙沼出向生活1047日目 残り375日]

スイスツェルマットDMO視察2日目。
ブルガーゲマインデツェルマットの訪問から高度3000M以上のゲレンデでの取り組みまで諸々満喫。

地域資源が何もない街がどうやってスイスを代表するリゾート地にまで発展したのかその歴史から学ばせていただく。
キーワードは「住民の危機感」。そして「身の丈の成長」。
そしてその後の視察メンバーによる明日の気仙沼でこれが実現できるかの大議論。
当然このままをできる訳はないですが、一つの地域づくりの型を教わり「DMO」という言葉に対する対峙の仕方もわかったような気もする。
日本とは大きく文化の前提が違いすぎるという部分はあるものの、それだけで片付けず逆に、
前提にとらわれずゼロベースで地域づくりを考え行動し続けるとここまでの結果が生まれるのだというひとつの事例を叩きつけられたようにも感じた。
またメンバー間のこの熱い自主的な議論にも多くの学びがありました。
どこを学び、どこを捨て、どこの前提を覆すか?
明日もまだまだ続きます。
それにしてもマッターホルンは美しい。。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 20:11| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに到着。DMOの街ツェルマット

[気仙沼出向生活1046日目 残り376日]

ついに到着。これがDMOの街ツェルマット。
向こうに見えるのは、かの有名なマッターホルン。
いよいよ視察のメインです。

image.jpg
posted by インディ at 20:06| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする