2016年04月29日

山田桂一郎さん講演会

[気仙沼出向生活1065日目 残り354日目]

※気仙沼の皆様に講演会の告知です。

image.jpg

今回スイスツェルマット視察でガイド役としていろいろご協力頂いたアドバイザー山田桂一郎さんが気仙沼で講演会を開催してくれることになりました。
山田さんは国が認める「観光カリスマ」であるとともに、日経ビジネスの「次世代を創る勇士100人」にも選ばれ、また昨今話題のDMO(地域経営)というしくみの世界での成功事例のひとつであるツェルマットにおいて日本人初の永住権をお持ちになり、そのしくみを実際に運営されていたお方です。
すごい著名な方ですが、何よりもスイスと日本をこの20年間毎月往復されながらいつも熱い話で、マーケティングから郷土教育、おもてなしまで日本中の実際の地域課題に入り込んで具体的に取り組み成功事例をたくさんお持ちで、個人的にもいつもたくさん学びを頂きご指導いただいている方です。
スイスで飲んだ時に
「それだけ有名になられて、なぜ毎月スイスと日本を往復されるのか?」
と聞くと、
「それが僕が日本人である誇りだからですよ。」
ってサラッと言われたのを覚えていますがそういう方です。
決して難しい話や評論ではなく、明日からその街の住民全員がどういう考えのもと、何をしていけばいいのか?という話を具体的にしていただけると思います。
論理的で、でも痛快でおもしろい講演会だと思いますので是非観光事業者だけでなく多くの方にご参加いただければと思います。
今回は主催も商工会議所、観光コンベンション協会、市、リアス観光創造プラットフォームと4者合同で開催します。
組織間を超えた多くの方にお集まりいただければと幸いかと存じます。
よろしくお願いいたします。
posted by インディ at 21:36| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「主体性」「多様性」「自然共生」

[気仙沼出向生活1064日目 残り355日目]

夜、地元の高校生と大人が話をするというイベントに参加する。

image.jpg

image.jpg

こんなイベントがあることだけでも都会の高校生と比べると授業以外で社会のことを学べる機会において地域の方が恵まれてるようにも感じる。
その中でとある大人の方がおっしゃった言葉が心に残る。

「自分の仮説なんですが、素敵だなと思う方は3つの力が備わっているんじゃないかと感じるんです。ひとつは自分で自分の生きる道を選ぶ「主体性」、もうひとつは自分と違うことを受け入れられる「多様性」そして最後は自然との中で生かされている感覚を持てる「自然共生」。」

image.jpg

すごい刺さりました。そんな考え方したことなかったですが確かにそうですね。
高校生に聞いてもらうためのお話なのに気付けばオジサンだいぶメモらせていただきました。
NPO法人底上げ 成宮 崇史さん、貴重な機会ありがとうございました。
そして気仙沼で知らない人はいないであろう噂の「カンちゃんカレー」にもありつけました。神田 大樹くんご馳走様でした!

image.jpg
posted by インディ at 21:33| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

近隣市町村のファミリー層にも認知拡大中。「ちょいのぞき気仙沼」

[気仙沼出向生活1063日目 残り356日目]

いよいよ今週末16,17日に迫りました「ちょいのぞき気仙沼」。
港町ならではの他の街ではできない体験が揃ってます。
今年から近隣(気仙沼、一関、女川)の小学校や中学校の子供達にも全員手に届くようなプロモーションを行えるようになってきたおかげでファミリーの方の参加予約も来ております。
間も無く締め切りになるものもありますので是非お早めにご検討を。
あと地元の皆様にもご参加はもちろん、告知強化も引き続きお願いします。
何卒よろしくお願いいたします。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 22:22| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする