2016年04月29日

恩師との晩御飯

[気仙沼出向生活1076日目 残り343日]

自分を気仙沼に2年残留させてくれた張本人の恩師との晩御飯。
今の直近の悩み事を相談したところとんでもなくありがたい解決策のアイディアをご提示頂く。
なんでこんなに視座が高くて視野が広いんだろうと感じる3時間。
このとんでもなく大きなアイディアを、どう検討するかを考えるタクシーの中、、
日々感謝を忘れないことですね。
それにしても麻布十番にある熟成肉専門店なんて初めて行きました。
カビの生えた肉、、これ美味いわ。

image.jpg
posted by インディ at 22:11| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来月は5月5日開催、ちょいのぞき気仙沼

[気仙沼出向生活1075日目 残り344日]

※以下のリンク先をシェアいただけると助かります。
来月5月5日こどもの日にまた「ちょいのぞき気仙沼」を開催します。
気仙沼ならではのしごとやくらしをちょいのぞきできる体験をいろいろご用意しておりますので遠方からお越しの方やお子様連れのファミリー、お休みで地元で余暇を過ごされたい方などお申し込みお待ちしております。

image.jpg

image.jpg

ちょいのぞき気仙沼公式HP
http://cyoinozoki.jp
posted by インディ at 22:08| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山田桂一郎さん講演会実施

[気仙沼出向生活1074日目 残り345日]

以前から予定していたスイスツェルマット視察でお世話になった山田桂一郎さんをスイスからお呼びして講演会を開催いただく。

image.jpg

定員の70名を大きく上回る100名近い方にご参加いただきましたが、毎月スイスと日本を往復して地域に入り込んで課題解決されてるご経験から語られる話はリアリテイがある。
そして何より外部有識者でありながらすべての案件に地域の結果指標にコミットしているところが凄い。

今日の話の刺さったところを備忘録的に。

− 地域振興・活性化の問題、課題はズバリたったひとつそれは、、
− その根底にあるのは、、
− 街を残したいか?ならどんな街に残したいか言えるか?
− それに大事なのは、
− 行政の役割はたった2つ。それ以外地域づくりをやるのは民間が主体。なぜならば?
− 企業誘致は雇用に繋がらないその理由は、、
− 観光は雇用に直結するそれは、、
−「観光」とは何か?
− 景気の基本は、、
− 地産地消より、、
− 観光関連雇用が増加することで他産業の就業者数に好影響を与えてきたなぜか、、
− 地域活性化とは何か?
− 日本の景気は96年がピーク→なぜか?
− 気仙沼市民はトキやコウノトリ以上に絶滅危惧種となる
− 気仙沼市は10年後に●●億円不足する
− 地域ブランドを担保するのは実は、
− DMOとは一言で言うと、
− そのための肝は、、
− その肝を回す一番大事なことは、、
− スイスではガイドは平均年収より高い質の高いサービス業なぜそうなるのか?
もう何度も教えをいただいているが、いつも言っていることは厳しいが、聞いていてワクワクするし常に事実と数字と具体的な事例に基づいてもいる。
あと痛快な語り口でなんというか稽古をつけてもらった気分。聞き終わると個別事例というより地域が動くメカニズムを学ばせてもらえる機会だったように思う。そして地域が取り組むべきことは決して観光だけではないことに気づく。
そして最後に聞いた言葉。
「まだまだ伝えたいことがありますが時間がないので気仙沼にまた来ます。」
しっかりこのお言葉いただきました。
実は仙台空港へお迎えに行った際にまさかのガス欠を起こしそうになるというハプニングを起こしてしましましたが、、無事開催出来てホッと一安心、、(笑)
さて僕らの本番は明日です。
もう1日がんばりましょう。
posted by インディ at 22:02| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする