2016年03月06日

新しい休日の過ごし方

[気仙沼出向生活1028日目 残り393日]

久しぶりに休みを取ったが何をしようか悩んでここへ。

image.jpg

夕暮れの安波山に行って読書。
見晴らしいいし誰もいないし気持ちいい。
気づいたら夜でした。。

image.jpg

新しい休日の過ごし方が見つかった。
posted by インディ at 00:10| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域を数字で語れるか?

[気仙沼出向生活1026日目 残り395日]

最近ホットな取り組み

「地域を数字で語れるか?」

ということ。
特に観光という分野については数字というものがほとんどない。
日本のほぼ全ての市町村には、企業でいう売り上げや主要KPIが存在しないと言われている。
ここを整備することで地域起こしというヒューマンマインドな取り組みに結果というギフトを示すことができるんじゃないかと。
あまりガチガチにやりたくはないが、地域おこしの最大のモヤモヤはやったことがどれだけのインパクトとして残ったのかがあやふやなこと。
あやふやなものは評価されないし叩かれやすい。
叩かれるものは持続的に取り組みが続かない。
結果的に刹那的に終わる。
この連鎖を止めるために何ができるか?

image.jpg

まだまだ道半ば。
でもこれができたらきっと日本の地域経営のロールモデルになるんじゃないか、と思う。
できるかどうか?
、、って言ったら誰かさんに

「できるかどうか、ではなくやるかやらないかだ!」

と言われそうですが。。
posted by インディ at 00:05| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

メンタリング

[気仙沼出向生活1024日目 残り397日]

人材育成道場卒塾式から1日。
改めてサポートさせていただいグループについて思うこと。
最後まで自身の会社の経営の事業構想を考え抜かれた塾生に加えて、一緒にサポートいただいた会計士のメンターの皆様。
塾生に対してメンタリングという手法を用いた半年間の伴奏にプロ意識を感じました。
今回のメンタリングほどシャープで熱い素晴らしいメンタリングに出会えたのは初めてだったように思います。
でもキレッキレのメンタリングが半年間もできたことの裏には、途方もない努力があったことを忘れてはいけないな、と。
その裏には、毎回のメンタリングを行う上での「メンタリング事前」を行って今日の論点設定とゴールイメージをすり合わせした上で、塾生と対峙したり、塾生のカルテを作成して進捗と現状課題を真摯に共有しながら進めるこのやり方に正直衝撃を受けました。
プロボノでここまでやってくれる人たちがいるなんて、、
本当のプロですね。
これからどんな仕事をやる上でも事務局でありながらこの学びは自分自身の財産になると思っています。
卒塾した塾生の皆様へのおめでとうの言葉とともに、これが人材育成道場なんだというポリシーを示していただいたメンターの皆様に心から本気のサポートに感謝したいと思った本日でした。
メンターの皆様、ありがとうございました。

image.jpg
posted by インディ at 23:58| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする