2016年01月23日

「⚪︎⚪︎バカ」

[気仙沼出向生活988日目:残り435日]

深夜25時まで塾生同士4人の現状悩み相談。
相談の結果モヤモヤからスッキリに変わった塾生の方の一人が仰った発言。

「事業構想を描くのに自分は何者かメチャ悩みましたが結局最後、自分は『⚪︎⚪︎バカ』だと言われるようになるか?が重要なんじゃないですか?」

と。
あぁ、たしかに。

「お前は愛すべき⚪︎⚪︎バカだ!」

人になんと言われようと自分はこれにこだわって生きるんだというものが見つかった人のみが言われるであろうめちゃ尊い言葉のように思う。
今日はスタートから6時間弱、無事4人とも「⚪︎⚪︎バカ」に辿り着きました。
いい気づきを頂きました。
明日の朝もまたメンタリング。今日の相談の結果で進展していることを祈っております。
ひとまずお疲れ様でした。

image.jpg
posted by インディ at 22:50| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深いなあ、、サメ。

[気仙沼出向生活987日目:残り436日]

今日たまたま伺ったシャークスで見つけたシャークペンとシャークメモ帳。

image.jpg

image.jpg

いいなぁ、と思わず買って職場の電話に備え付けてしまいました。。
これで電話に出るときのテンション上がるかなあ。。
ちなみに店長オススメは写真の鮫皮の小銭入れ。
口がめちゃ開くから使いやすそう。
しかも使い込むほどツヤツヤになるらしい。
深いなあ、、サメ。

image.jpg
posted by インディ at 22:48| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自称コピーライター

[気仙沼出向生活984日目:残り439日]

こないだの新聞に掲載されてましたが、明後日にこんな講座があるのご存知でしょうか?
たびたび私の投稿でも「師匠」のお名前で登場する自称コピーライターこと柏木克己さんのキャッチコピーを学ぶ講座が気仙沼魚市場で開かれるようです。
知らない間に私より気仙沼の皆様に愛されてる師匠にジェラシーを感じざるを得ないですがお時間ある方は是非どうぞ。
私は直接関わっていませんが、告知してないと後で怒られそうなんで投稿させていただきます。。(笑)
でも行きたかったなあ。。
※ちなみにもちろんですが、本人が「自称」といってるだけで列記とした、というよりかなり大御所のコピーライターさんでいらっしゃいます(笑)

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 22:39| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大企業がこれからローカルに取り組む理由

[気仙沼出向生活983日目:残り440日]

昨日いみじくも初めて口にしたこの復興業務を終えてからの過ごし方について。
地域復興の仕事をどう大企業で取り組む意義を定義するのか?
大企業は「利益の追求=グローバル化」という単純な戦略の追求でいいのか?という問いは前からあったが言葉にしてみることで改めて考える機会になっている。
今の主流は国内市場はシュリンク。グロウを目指すならグローバルへの展開でありローカルを強化する理由は乏しいようにも感じる。
ただ日本に法人登記をしてさらに上場している以上、国内経済活性に責任を持った企業であることを前提とした場合に、国内経済にどう貢献するか?という事をロジカルに説明する必要があると思う。

ぶっちゃけどうなんだろうか?

また今後これまで消費を引っ張ってきた団塊の世代の定年に伴いお金を使わない世代となってしまうためますます消費が起きず国庫の維持・増加が難しくなる。そのため国内景気浮揚につながるために必要なことは、これまでの右肩上がりの定住人口者数の中で勤労者に住まう地域でしっかり消費をしてもらうことで循環していたモデルから、人口減による勤労者の減少により違った形でのお金の循環を作り出さないといけない。
さらにグローバル化する企業が儲かっても都会の一部でしか消費されず国内経済全体が潤わずトリクルダウンが起きないためさらに国内景気浮揚は難しい。
故に現状の政府が掲げているような

− 交流人口増加(インバウンド含む)
− 女性就業増加
− 中央だけでない地域経済の活性化(=お金の浸透)

がない限り景気浮揚は難しく国庫の安定は難しいものになるということになるのではないか?
少なくとも上記3施策に取り組まない限り国内景気浮揚は難しく、国庫はさらに枯渇していくということが先行きだと整理してみる。
今日は考えの整理の備忘録まで。
posted by インディ at 22:33| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする