2016年01月17日

この1日で考えたこと

【※この1日で考えたこと】

昨日をもって「気仙沼仮設生活」が終了。
(977日間ありがとうございました。)
ここ数日いろいろな方々からブログ継続についてお問い合わせを頂きました。
たかが個人のネットの備忘録。正直そんなことでこんなに連絡頂けるとは。。
ありがたい反面、赴任当初ほどの書いてる内容への新鮮さも自分としてもマンネリで、書き続ける必要性に疑問を感じ、また自身の文章スキルのなさから書くことによる誤解を招くリスクも少なからずあることを学び正直もう止めようと。
ただ昨日一緒に働く出向者から休みの日の引越しの最中に電話でブログ継続をお願いされ言われたこと。
これは僕ら出向者の取り組みの大事な軌跡でもあるし、地元と出向者をつなぐ大事なコミュニケーションツールでもある。だから出向生活を終える日まで書き続けて欲しいと言われた。確かにこの毎日の投稿でのコミュニケーションがなかったら自分は気仙沼の方々にここまでお会いできてなかったかも。考えてみれば本当にありがたい話。大事な感謝の気持ちを忘れいたのかも。
なのでいろいろ考えましたがもうちょっとだけ続けさせていただければと思います。
ただどうせ書くなら今後できるだけ僕ら出向者の活動が気仙沼に残るために、この街に何をどう残すことが必要なのか?そのために出向者は何を行っているのか?について地元の方と対話できるコミュニティにできればいいなあと思っています。
タイトルも相談の結果、

「気仙沼仮設生活」改めて「気仙沼出向生活」

とさせていただいて出向満了となる残り445日間、僕ら出向者と地元の方々との取り組みについて引き続き書いていければと思いますのでよろしくお願いいたします。
、、ということで本日は、

[気仙沼出向生活978日目(残り445日!)]

image.jpg

写真は今日頂いた引越し祝い。気仙沼では引越し祝いに砂糖を贈るんですね、初めて知りました。
今後ともよろしくお願いします。(さて、また毎日書けるかなあ。。)
posted by インディ at 14:12| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

気仙沼仮設生活終了。

[気仙沼仮設生活977日目]
気仙沼仮設生活最終日。
先ほど無事引越しが完了。

image.jpg

当初予定の2年間を7ヶ月超えた生活となりましたが、本日をもって終了しました。
引越しが終わり選別のプレゼントを持って真っ先に一番お世話になったお隣の爺と婆のところに。

image.jpg

玄関にいらっしゃった瞬間の自分の言葉に驚いた。

「今まで申し訳ありませんでした。」

感謝より先に謝罪が自然と口から出てしまう。

「ちょっとは世間のことがわかったか?」
「はい、すいません。でも本当にありがとうございました。」

最後までお叱りモードですが、それも当然。こちらが相当ご迷惑をおかけした結果。
都会の「無縁社会」しか知らない自分は、ここでの生活で近隣との「縁」を感じた生活を初めて経験させていただきました。畑との出会いも自分の考え方が大きく変わった経験の一つ。

image.jpg

ただやっぱり仮設住宅はいろいろ不便が多いので自分もストレスになったのも正直なところ。

- 仮設のつくりではやはり冬の寒さは相当堪えた。
- 壁が薄いから隣の生活音が丸聞こえ。
- 山奥の仮設のため仕事で夜遅くに帰るだけでも車のエンジン音がうるさいと怒られる。
- いくら取っても気づいたらまたできる蜘蛛の巣

他にも言い出せばキリがない。
だけどこれが現実の仮設生活であり、今なお自宅を津波で流されそういった暮らしをしていることが多いという現実を震災記憶が風化してきている都会の人には改めて是非知っておいて欲しいと思う。

image.jpg

新しい家は思いのほか快適。家ってこんなに快適だったんだ、という気分になった今日。でもその新居を改めて見ると実は東京の自宅の広さのたった半分。要は自身が「家のありがたみ」を理解したということなんだなと気づく。
ただ今の気持ちを正直に言うとあまり晴れやかな気分でもない。
率直な気持ちをいうと、ホッとしたというよりこれでラストスパートなんだな、という感じが強い。
地元でまだ仮設暮らしの方々が5000人近くもいる中で先に引っ越した自分に何ができるのか?そもそも自分がここに残る意味があるのか?と。
いみじくも今日教えてもらいましたが、僕ら出向者がいる期間は残り445日だそう。
ここからの最後の過ごし方で僕らが来た意味があったのかどうかも決まるようにも思う。
そしてまたお願いしたいのは地元の皆様にも僕らの活動をどう地元で継続させていくのか一緒に考えていって欲しいと思います。
先に去っていった仲間や今、一緒に取り組んでいる仲間のためにも改めてこの現場に真摯に取り組みたいと思う今日この頃。
いずれにしても「気仙沼仮設生活」は本日は終了です。
長い間ご愛読いただきありがとうございました。

image.jpg

posted by インディ at 23:35| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

[ご案内]気仙沼の画像を無料利用できるページ

[気仙沼仮設生活976日目]

気仙沼の皆様は以下をご存知でしょうか?
少し前の新聞にも掲載されていましたが、以下のページに気仙沼各所のスポットや名物など観光素材用の画像データが保管されており自由に誰でも利用できます。
PR物を作る際に素材として是非ご利用ください。
やっぱりPRには画像は大事ですよね。
観光コンベンション協会さんやプラットフォーム職員、イニシアティブ出向者(僕は直接関わっていませんが)と地元の方とで整備してくれてます。有難いですね。
是非必要な時にご利用ください&利用いただけそうな方にシェアいただければと思います。

http://rias-kanko.com/photo_service/
posted by インディ at 22:01| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする