2015年12月31日

ホテルニュー水戸屋

[気仙沼仮設生活965日目]

至福の時。
ホテルニュー水戸屋へ。

image.jpg

このクラスのお宿はそうそう来れませんが、噂通りのお宿でした。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

料理のコースがその場で選べるのが特にいい。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

あと1日で500名以上泊まるため従業員が非常に多いが、掃除のおばちゃんまでもが、

「ようこそ、いらっしゃいませ。」

と満面の笑みで迎えてくれる。
接客力が違うんですね。

あ、もうちょっと旅を続けますので探さないでください、、(笑)

posted by インディ at 17:07| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご連絡

[気仙沼仮設生活964日目]

ご連絡。

この度年明け早々に仮設住宅を出ることになりました。
個人的にここでの暮らしに不自由がなかったし、まだ地元で仮設住まいの方もいらっしゃる中で自分が出ていいか悩みましたが、特に今年になってからの災害公営住宅などの建設の進みなどから見て仮にこのまま居続けても来年度には多くの方が出られることもあり、逆にひとり残ることの方が迷惑になるかとも思い決断しました。
当初赴任前は仮設住宅に住むということを聞かされた時はやっていけるか不安でしたが、畑やカモシカとの出会いを始め、この仮設住宅に住んだことで数々の人生が変わる経験ができたこともあり名残惜しい部分もありますし、仮設住宅のお住いの皆様にはほぼご迷惑しかおかけしてなかったと思うので大変心苦しい気持ちも大きいですがここで頂いた学びに感謝して次のSTEPに進めれたらと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。

image.jpg

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 16:58| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事納めは仙台まで

[気仙沼仮設生活963日目]

仕事納めは仙台まで個別メンタリングのため長距離ドライブ。

image.jpg

エルニーニョにより暖かい今年の冬でしたが、車中外を見るとやっと仮設周辺にも雪が見えてきました。
気温も氷点下でいよいよまた例年の冬が来た感じ。
車の温度計でわかったけどやっぱり街中から仮設に帰ってくると2℃くらい低い。

image.jpg

image.jpg

ただ空気は澄んでてめちゃ気持ちいい。
悪いことばかりでもないのです。
兎にも角にも今年1年お疲れ様でした。

posted by インディ at 16:55| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廃人決定

[気仙沼仮設生活962日目]

年越しの自主課題図書がまとめて到着。
若干ジャンルが偏っているが、オッサンも時には一途な恋に憧れたりするということで。
年末年始はゴロゴロ読書で廃人決定ですな。。

image.jpg
posted by インディ at 16:51| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

38年ぶり。次回は2034年。

[気仙沼仮設生活960日目]

気仙沼に来て3度目のクリスマスは残念ながらサンタに会うこともない特にこれといったこともなく気づけば21時半には寝ていて平和に終了(笑)。
ただオフィスから空を見上げるとメチャ綺麗な満月が。
なんでもクリスマスにこんな綺麗な満月になるのは38年ぶりだとか、、
次回は2034年らしい。生きてるだろうか、、?
とにかくメリークリスマスでございます。

image.jpg
posted by インディ at 16:49| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域の「期待値」

[気仙沼仮設生活957日目]

「被災地気仙沼の諸々の活動が凄いことは聞いている。でもそれは世界モデルになれると言えるのか?」

今回の東京出張でとある方から言われた問い。
詳しくは言えないがご協力をもらえればこれほど力強いことはないお相手。
確かにそう思う。相手から見ればそう言えないと協力する意味がない。世の中とはそんなもの。
都会からの復興支援の流れが徐々に消えていく中、地域に人とお金の流れを続けるためにはその地域への「期待値」が上がることが必要。
この「期待値」が次のパートナーシップと投資意欲を生む。
気仙沼が日本のロールモデルになる「期待値」があれば話が変わってくるということ。
期待値は仮説立てられるし、しくみも多分作れる。ただし地元の人がそれを進める意思があるかどうか?も重要。
今は詳細は話せませんが、前述の問いへの答えは地元の皆さんと残り出向期間1年3ヶ月かけて考えていきたいところですね。
posted by インディ at 16:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろんな人

[気仙沼仮設生活956日目]

協力してくれる人、離れていく人、戸惑う人、、今日はいろんな人を感じることができました。
オッサンのひとりクリスマス東京出張終了。
明日早朝気仙沼に帰ります。

image.jpg
posted by インディ at 16:41| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年最後のグループメンタリング

[気仙沼仮設生活955日目]

今日も人材育成道場のグループメンタリング。
休日ですがお昼からメッコリ5時間半、事業構想に向けて奮闘中の塾生のお手伝い。

image.jpg

予定では年内1回のはずが、これでなんとこの2ヶ月のうちに3回目。
メンター陣の今期に賭ける期待が伝わってきます。

image.jpg

実はこのグループメンタリング個人的には結構好きで、やる側の我々が一番力になっているんじゃないかと思うくらい学ぶことが多い。
コンサルするのではなくメンタリングするって思っているより難しい。
よっぽどコンサルしたくなる瞬間もある中で答えは本人にあるということを忘れずに問い続ける力を持つことがメンター側に求められるスキルかもしれない。

image.jpg

そして毎度のことながらこのためだけにわざわざ遠路はるばる気仙沼まで来て頂ける会計士の先生の皆様には感謝感謝です。
今年はこれで終了。
年末年始にむけて悶絶する宿題を渡された方もいらっしゃいましたが(笑)、年明けまた楽しみにしております。。
兎にも角にもこのような機会をもらえるのも気仙沼に本気で取り組みたい思う経営者の方々がいてこそ。
感謝しております。m(_ _)m

posted by インディ at 16:38| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする