2015年12月07日

自分が納得いく出向生活

[気仙沼仮設生活940日目]

先日他地域に出向した同じイニシアチブのメンバーの方々が気仙沼にやってきた。
彼らはこの4月から初めて赴任した新出向者組。
これからの自分たちの活動をどう進めていいか悩んでいて、先に始めてる気仙沼がどう進めてきたかの経緯を知りたいとのこと。

「そもそも自分たちはどこまで動いていいものか?」

「誰のために動くものなのか?悩ましい、、」

もろもろ話を聞くこと数時間、なんとなく数年前の自分たちを思い出す。
最初全然良く分からず誰のために何をやってるのか全然良く分からなかった。。
思い出すのは失敗した話ばかり。。
というか大半が失敗の連続で今に至るような、、
話終わったあと、ひとりで昔の赴任したての頃のフォルダやファイルを見ていると恥ずかしくて、この数年で一番成長したのは実はツラの皮の厚さかもしれないなと思うばかり。
ほとんど地元の人に助けられてきた毎日のように感じる。
でもなぜかもう一回やり直すとしたらと思うと全部このままで良かったようなも思う。
どこまで役だったかわかりませんが、是非
ご自身が納得いく出向生活を送って欲しいと願う今日この頃。
posted by インディ at 22:10| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DMOシンポジウムの反省会

[気仙沼仮設生活939日目]

この間のDMOシンポジウムを終えての振り返りの中でとある方から言われた一言、、

「終わった後、内閣官房の方から言われたけど、もはや気仙沼の街の皆さんの観光取り組みは気仙沼のためだけじゃなく日本の将来への取り組みとして注目せざる終えないことになってしまったようだよ。。」

とのこと。
絶対に失敗できない取り組みということか。
今の気仙沼の取組の先進性はどうやら伝えることはできた模様。
ただその後のパネルディカッションでの私の応答の不味さのダメ出しに小一時間。。

「オーディエンスの期待がわからず先が読めなさすぎ。」

これからは周りの期待を理解してどう協働するかですね、、
はい、勉強させていただきます。。。
m(_ _)m
posted by インディ at 22:07| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからまた「ば!ば!ば!が」始まりそうです。

[気仙沼仮設生活938日目]

ば!ば!ば!の場スタッフミーティング。

image.jpg

これから年度末にかけてまたいろいろ面白いことが始まりそうです。

image.jpg

まずは来週12日土曜日の「しめ縄D.I.Y.」から。

image.jpg

まだ参加できますよ!
お申し込みはお早めに。

posted by インディ at 22:05| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭痛

[気仙沼仮設生活937日目]

昨日ひさしぶりに一日中デスクワークでずっと中にいて残業してたら具合悪くなった。。
頭痛と肩こりが酷い。。
数年前までこれで深夜までやってもなんともなかったのに歳かな、、
慣れないことでこういう時はどうすればいいんだろうか?

image.jpg
posted by インディ at 22:00| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼のお正月でば!ば!ば!

[気仙沼仮設生活936日目]

ひさしぶりの告知ですが、
年内最後の気仙沼ば!ば!ば!の場を開催します。
今回は気仙沼のしめ縄づくり。
そこに気仙沼らしさがあるとは私もしりませんでした。。
ご興味ある方、ぜひご参加ください。

image.jpg
posted by インディ at 21:58| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DMOシンポジウム無事終了

[気仙沼仮設生活935日目]

今日はシンポジウムで気仙沼観光についての取り組みを話すために登壇させていただいてきました。

image.jpg

テーマがDMOだからか170名定員の会場になんと300名強もお申し込みを頂き、立ち見が出るほど盛況だったよう。。
これだけのご参加があったのはなんと石破大臣のご登壇以来だとか、、(゚o゚;;
人数もそうですがいらしている皆様も内閣官房の方々はじめ錚々たる方々でなかなか自分にとっても気仙沼にとって貴重な機会だったと思います。
とはいえDMOへの地域の感度がここまで高いとはちょっと驚きです。。
お陰様でその中でかなりしっかり気仙沼の観光推進をPRさせていただきました。

image.jpg

ただ一番重要なことは、その後のパネルディスカッションでも話しさせていただきましたが、悩んでる地域同士が情報共有しあうことが重要なように感じました。
今日だけでも100の自治体がいらしたようなのでこれを機会に繋がればなあ、と思いながら、ただいま登壇前に目の前に座る私の監督のような相棒の観光協会課長から頂いた応援の差し入れを頂きながら自宅ベッドで一人飲み中。

image.jpg


「なんでワンカップやねん、、(笑)」

本日は貴重な機会、ありがとうございました。
posted by インディ at 21:53| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激安カレー屋

[気仙沼仮設生活934日目]

久しぶりに東京大井町の自宅近くの激安カレー屋に。
ここは有名人もよく来る店で安いのにカレーもうまいが、中国人店長がいい。
ちょっと知り合いになるとめちゃくちゃ行った時に励ましてくれる。

「よかったね。俺も嬉しいよ!」

立ち食いで食べてたら後ろのお客に今日も語りかけてた。
疲れたサラリーマンにはこんなオヤジがめちゃくちゃ染みるんだよなあ。。
久しぶりに気仙沼来る前の冴えないくたびれてた自分を思い出しました。。(笑)

image.jpg

ちなみに写真のこれで550円也。

posted by インディ at 21:48| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

離島 × レンタサイクル

[気仙沼仮設生活933日目]

今週平日休みを取って皆で気仙沼の離島大島へ。

image.jpg

目的は自転車に乗っての島散策。
とある場でみんなと話していてふと思いたったこと。
経緯は以下の通り。
以前、仙台近辺の人にどうしたら気仙沼へ観光に来てもらうかインタビューをした時に言われたセリフ、

「美味しいお魚を食べるなら別に気仙沼まで行かなくても塩釜で十分な気もする。でも離島があることは気仙沼の気になるところ。もし子供と1日ゆっくり過ごせる機会があれば面白いし行くと思う。」

これ結構刺さりました。
実は外から見たら魅力は「離島」だった。。
であれば大島で子供連れの家族を1日楽しませる方法があればと思った際にこんな意見が、

「島の交通量も少ないことだし、例えばレンタサイクルを借りて1日そこでスマホと連動した宝探しゲームとかできたりしたら。。」

なるほど!
ということで実践がてら試してみました。

image.jpg

初めて気づきましたが、実はすでに大島にはクロスバイクや電動自転車が非常に充実している。

image.jpg

image.jpg

可能性を感じたもののただ一つ誤算が、、
自分の体力があまりに低下していて島1周周れなかった。。嗚呼。。
posted by インディ at 21:45| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議場

[気仙沼仮設生活932日目]

image.jpg

今日は地方創生で行う気仙沼DMO構想の議会承認を頂く場のお手伝いのため初めて議場へ。
独特の空気と議員さんの厳しい質問には勉強させられ
無事承認もされたようで何よりですが、
今更ながら自分が民主主義の国にいるということを恥ずかしながら認識できたような気持ち。。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 21:42| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

満員御礼

[気仙沼仮設生活931日目]

おかげさまで250名以上のお申込み希望を頂いてようで満員のようです。
当日は今の気仙沼のみなさんの取り組みについてできるだけ体系化して是非うまく伝えてこれればと思ってます。
ありがとうございました。


(シンポジウム概要)
このたび、じゃらんリサーチセンターは、政策分析ネットワーク(代表:東京大学伊藤元重教授)と共同で
「日本版DMO創設による観光地域づくりの推進に向けて〜観光地経営の導入による可能性と今後の課題〜」と題し、
シンポジウムを開催するはこびとなりました。
地方創生の実現、また観光立国の実現にむけて、DMOの必要性が叫ばれる昨今ではありますが、
地域にとって「必要なDMOとは?」について識者を交えて考える場にしたいと思っております。
パネリストの皆さまとトークセッションを行い、聴講者の皆さまへ地方創生につながるヒントをご提供できればと思っております。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひご参加ください。

■タイトル
【地方創生×DMO(観光経営)】
「日本版DMO創設による観光地域づくりの推進に向けて」
〜観光地経営の導入による可能性と今後の課題〜

■開催概要
   日時:11月30日(月)19:00〜21:00 ※開場・受付開始は、18:30となります。
   場所:東京駅・グラントウキョウサウスタワー リクルート内 41階アカデミーホール
聴講者予定:200〜250名程度
   主催:政策分析ネットワーク・(株)リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター
※当日は、グラントウキョウサウスタワー1階にて入館証をお受け取りの上、41階までお越し下さいませ。

■パネリスト
・内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官 村上 敬亮様
・国土交通省観光庁参事官 舟本 浩様
・宮城県気仙沼市役所 森 成人様 (東北未来創造イニシアティブより出向)
・株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 担当部長 中村 欣央様
・東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部営業部 担当部長 高橋 敦司様
・株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター センター長 沢登 次彦 (モデレータ兼パネリスト)

■プログラム内容
オープニング:ご挨拶
(1)観光による地方創生実現にDMO化が必要な背景について(25分) 
  話者:日本政策投資銀行 中村 部長様
(2)DMO事例発表:気仙沼市 DMO推進について(25分)
  話者:宮城県気仙沼市役所 森 成人様
(3)パネルディスカッション(50分)
(4)質疑応答(10分)
クロージング:ご挨拶
※運営の関係上、プログラム内容・時間は予告なしに変更になる可能性があります。予めご了承ください。

■お申込方法
下記必要事項を明記の上、メールにてお申し込みくださいますよう、お願いいたします。
申込先メールアドレス:takoh@r3.dion.ne.jp(政策分析ネットワーク事務局)
<必要事項>
1.ご氏名 2.ご所属 3.お役職 4.E-mailアドレス
<本件に関するお問い合わせ先>
政策分析ネットワーク事務局 E-mail:takoh@r3.dion.ne.jp
posted by インディ at 21:39| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする