2015年12月20日

送別会

[気仙沼仮設生活952日目]

共に戦った出向者の送別会。
気仙沼に来て2年3ヶ月。
当時、まだぼくら出向者の仕事もあやふやだった頃にやって来た彼。
感慨深いなあ。。あの頃と僕らの環境も今のお前もも変わったなあ。。
ある時は最高の仲間。
ある時は「バカヤロウ」と言うほど腹も立ちましたが(笑)、間違いなく本気で地域と向かい合った僕らの同志だったと思う。
寂しさ半分、でも戻ってからの成長への期待も半分。
課題もあったけど彼から「圧倒的な当事者意識」を学んだように思う。
頑張れよ。
成長を楽しみにしてます。
また会おう。
お疲れ様でした。
posted by インディ at 22:35| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

ナマハゲに学ぶ

[気仙沼仮設生活949日目]

秋田県の男鹿。
前から行ってみたがなかなか訪れる機会のないまま出向生活を終えてしまうことになり残念に思っていたが幸い出航が延長になりようやく訪れることができた。
言わずと知れたナマハゲで有名な街。

image.jpg

街に入るとたくさんのナマハゲに会う。
しかしそもそもなぜ「ナマハゲ」なのか?
ナマハゲ館に行ったが久しぶりにこの手の箱物にして満足度が高かった。

image.jpg

まずなぜナマハゲかには諸説あるが、基本的には冬の間に囲炉裏にいすぎて怠けることでできるナモミ(低温火傷)を剥ぐことから来た由来で、一説には昔ここに来た外人を指すという説や「漢」の時代に鬼がやってきてその鬼を騙してしまったことが由来だという説など方々ある。

image.jpg

image.jpg

さらに種類も豊富で優に100種類以上のタイプがいるとは知らなかった。
仮面ライダーよりたくさんいるんですね。。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

ただ何よりこのしきたりがいいと思うのは、
街の大人が協力して年に一度子供を怖がらせることで、子供のしつけに役立っている。

image.jpg

映像でも見たが、大人でもちょっと怖いくらいの迫力なので子供は怖すぎて泣くより硬直してしまうくらいに驚く。
なので、

「良い子にしておかないとナマハゲに連れていかれるぞ!」

と言われると結構効くらしい。
こういう街の歴史って凄いなあ。
ナマハゲ館はかなりお勧めです。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 00:29| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しめ縄DIY開催。

[気仙沼仮設生活947日目]

本日は久しぶりの「ば!ば!ば!の場」のお手伝い。

image.jpg

今回は気仙沼の中心にある五十鈴神社でのしめ縄づくり。
宮司さんに神社の歴史を伺いながら、周辺散策し最後に自分の手でしめ縄を作る体験。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

年齢も幅広い市民の皆様の参加もあり盛況のうちに終了。
自分の手で作ったもので正月を迎えられるのって素敵ですね。
気仙沼は歴史的なコンテンツが少ないなあと思っていましたがほんといろいろアイディアってあるもんですね。。
個人的には宮司さんの衣装もカッコいいなぁ、と思って見ておりました。
これで今年7コンテンツ目。予定では年明けにまた盛りだくさんでの開催予定。
ほんとみなさんのネタが尽きないのが凄いなあ。。
posted by インディ at 00:08| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする