2015年12月31日

廃人決定

[気仙沼仮設生活962日目]

年越しの自主課題図書がまとめて到着。
若干ジャンルが偏っているが、オッサンも時には一途な恋に憧れたりするということで。
年末年始はゴロゴロ読書で廃人決定ですな。。

image.jpg
posted by インディ at 16:51| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

38年ぶり。次回は2034年。

[気仙沼仮設生活960日目]

気仙沼に来て3度目のクリスマスは残念ながらサンタに会うこともない特にこれといったこともなく気づけば21時半には寝ていて平和に終了(笑)。
ただオフィスから空を見上げるとメチャ綺麗な満月が。
なんでもクリスマスにこんな綺麗な満月になるのは38年ぶりだとか、、
次回は2034年らしい。生きてるだろうか、、?
とにかくメリークリスマスでございます。

image.jpg
posted by インディ at 16:49| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域の「期待値」

[気仙沼仮設生活957日目]

「被災地気仙沼の諸々の活動が凄いことは聞いている。でもそれは世界モデルになれると言えるのか?」

今回の東京出張でとある方から言われた問い。
詳しくは言えないがご協力をもらえればこれほど力強いことはないお相手。
確かにそう思う。相手から見ればそう言えないと協力する意味がない。世の中とはそんなもの。
都会からの復興支援の流れが徐々に消えていく中、地域に人とお金の流れを続けるためにはその地域への「期待値」が上がることが必要。
この「期待値」が次のパートナーシップと投資意欲を生む。
気仙沼が日本のロールモデルになる「期待値」があれば話が変わってくるということ。
期待値は仮説立てられるし、しくみも多分作れる。ただし地元の人がそれを進める意思があるかどうか?も重要。
今は詳細は話せませんが、前述の問いへの答えは地元の皆さんと残り出向期間1年3ヶ月かけて考えていきたいところですね。
posted by インディ at 16:43| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする