2015年11月25日

フレーム

[気仙沼仮設生活928日目]

第4期人材育成道場マッキンゼーセッション終了。
このセッションで興味深いのはここで学ぶ戦略フレーム。
例えて言えば、この戦略フレームという箱に今自分が何をしたらいいかのモヤモヤを入れると、下からポンと、やるべき取り組みとアクションプランが落ちてくるイメージ。
個人的にも今の仕事でフン詰まった時に実はよく活用しております。
このセッション前にモヤモヤして顔が暗かった人が急に晴れて行く姿を何度も見てきましたが今回もそういう笑顔が見れる機会となりました。
ただ本当に自身がやりたいことかどうかの内省は必要。そのフレームは前回のISLセッションを振り返って。。
ちなみに個人的に一番よく使うフレームは次に行う博報堂セッションのもの。
、、そう思うと本当に役に立つフレームが多いですね。
人間ピンチの時にはこういうのが欲しくなるんだよなあ。。

image.jpg
posted by インディ at 01:17| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感謝じゃなく成果

[気仙沼仮設生活927日目]

第4期人材育成道場マッキンゼーセッションの初日終了。
東京で勤めていてもいてもなかなかお知恵をお借りできないコンサルタントの方々が今回もボランティアで8名もいらっしゃり、ほぼつきっきりで2日間事業構想を伴奏してくれる。
いつも通り授業はかなり充実したものに思えました。
ですが、、
夜の懇親会で盛り上がりすぎてさらに次の店へ消えていく塾生たち。。
ましてやそれをけしかける一部のスタッフに残りの出向者はかなり残念な思いで見ておりました。
土日にまたがる道場の初日の夜の深酒はあれほどやめて欲しいと事務局一同でお願いしているんだけどなあ。。
皆様の本気の復興を願って、本気で時間を費やしているいるこちらとしては残念な限り。。
僕らに限らず復興支援者って感謝されるためではなくて成果にしてほしくて全力になっているということを理解して欲しいと思います。
深酒はほどほどに。
皆様の復興を心より願っております。

image.jpg
posted by インディ at 01:15| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

youtuber

[気仙沼仮設生活926日目]

ヒカキンくらいは知ってたけど、今日初めて知ったYoutuber というビジネスモデル。
こりゃスゴイ世の中になりましたね。。
地域資源PR ×観光×教育×商品販売×人材育成 ×インバウンド、、、
うまくやればなんでもござれで地域側でのマネタイズに使える。
無知なオジサンなんで仕組みとして大変勉強になりました。
Youtuber専門事務所を経営している方との新しいご縁に感謝。

image.jpg
posted by インディ at 01:13| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DMOシンポジウム開催

[気仙沼仮設生活925日目]

今回ご機会をいただき、以下のシンポジウムでこれから気仙沼で取り組む観光DMO(DESTINATION MANEGEMENT ORGANIZATION)の取り組みについて地方創生(内閣府)の方々とともに、登壇ならびにパネルディスカッションに参加させていただくことになりました。
DMOについて学ばせていただくとともに、これから気仙沼で取り組むことがこれだけの全国の方々から注目いただいているということが伝わるきっかけになればと思っておりますので、遠方にはなりますが気仙沼の方や気仙沼復興に関わって頂いている東京近郊の皆様でご興味があり、ご参加いただける方がいらっしゃいましたら是非お待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このたび、じゃらんリサーチセンターは、政策分析ネットワーク(代表:東京大学伊藤元重教授)と共同で
「日本版DMO創設による観光地域づくりの推進に向けて〜観光地経営の導入による可能性と今後の課題〜」と題し、
シンポジウムを開催するはこびとなりました。
地方創生の実現、また観光立国の実現にむけて、DMOの必要性が叫ばれる昨今ではありますが、
地域にとって「必要なDMOとは?」について識者を交えて考える場にしたいと思っております。
パネリストの皆さまとトークセッションを行い、聴講者の皆さまへ地方創生につながるヒントをご提供できればと思っております。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひご参加ください。

■タイトル
【地方創生×DMO(観光経営)】
「日本版DMO創設による観光地域づくりの推進に向けて」
〜観光地経営の導入による可能性と今後の課題〜

■開催概要
   日時:11月30日(月)19:00〜21:00 ※開場・受付開始は、18:30となります。
   場所:東京駅・グラントウキョウサウスタワー リクルート内 41階アカデミーホール
聴講者予定:200〜250名程度
   主催:政策分析ネットワーク・(株)リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター
※当日は、グラントウキョウサウスタワー1階にて入館証をお受け取りの上、41階までお越し下さいませ。

■パネリスト
・内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官 村上 敬亮様
・国土交通省観光庁参事官 舟本 浩様
・宮城県気仙沼市役所 森 成人様 (東北未来創造イニシアティブより出向)
・株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 担当部長 中村 欣央様
・東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部営業部 担当部長 高橋 敦司様
・株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター センター長 沢登 次彦 (モデレータ兼パネリスト)

■プログラム内容
オープニング:ご挨拶
(1)観光による地方創生実現にDMO化が必要な背景について(25分) 
  話者:日本政策投資銀行 中村 部長様
(2)DMO事例発表:気仙沼市 DMO推進について(25分)
  話者:宮城県気仙沼市役所 森 成人様
(3)パネルディスカッション(50分)
(4)質疑応答(10分)
クロージング:ご挨拶
※運営の関係上、プログラム内容・時間は予告なしに変更になる可能性があります。予めご了承ください。

■お申込方法
下記必要事項を明記の上、メールにてお申し込みくださいますよう、お願いいたします。
申込先メールアドレス:takoh@r3.dion.ne.jp(政策分析ネットワーク事務局)
<必要事項>
1.ご氏名 2.ご所属 3.お役職 4.E-mailアドレス
<本件に関するお問い合わせ先>
政策分析ネットワーク事務局 E-mail:takoh@r3.dion.ne.jp
posted by インディ at 01:12| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぬま大学最終報告会

[気仙沼仮設生活924日目]

これも素敵な試みですね。
11月28日(土)に、ぬま大学の最終報告会を開催致されるようです。
ぬま大学は 、気仙沼で何かしたいと思っている若い人が集まり、自分のまちづくりプランを半年間かけて練る場で、この日が最終発表する場になっているようです。
よければ、そのイベントページのシェア・拡散、またご興味あればご参加のご協力頂けないでしょうか?!ぜひ周りに興味を持って頂けそうな方がいらっしゃいましたら、ご紹介頂けますと幸いです。
ぜひ気仙沼を背負う若者達を応援してあげてください。
どうぞよろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/795975967192350/
posted by インディ at 01:09| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漁師カレンダー2016

[気仙沼仮設生活923日目]

※告知です。
2016年の気仙沼漁師カレンダー が発売になっております。
気仙沼が誇る女性団体つばき会の企画で一昨年初めて作った際には「経済産業大臣賞」を受賞しました。
すでに結構ご予約が入っているようなのでご購入希望の方はお早めに。
(私も早めに購入しておきました。。)

詳細は以下HPへ。
http://ryoushi-calendar.com


posted by インディ at 01:08| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする