2015年10月06日

祝観光庁長官賞受賞

[気仙沼仮設生活881日目]
リアス観光創造プラットフォームの皆様観光庁長官賞受賞おめでとうございます。
それはそうと最近蓄積疲労でついに体にガタがきたので当分お酒辞めます。
お誘いは全然ウエルカム。
ですがソフトドリンクでご容赦ください。
m(_ _)m

以下facebook「はまらいんや気仙沼」より
https://www.facebook.com/prkesennuma/posts/891562697598116
posted by インディ at 23:40| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(募集)港町しごとば あそびば ちょいのぞき in 気仙沼

[気仙沼仮設生活878日目]

※シェア・拡散希望

また10月も行います「港町気仙沼 しごとば あそびば ちょいのぞき」
今回はチラシの5つの体験スポットで遊べます。
地元の方も、近隣地域の方の観光にも是非お越しください。
今回はなんと気仙沼、一関の全小学校、中学校の生徒にも配布されることになりました!
お子様連れの方が遊びに来ていただけるのをお待ちしております。
さらに今回はすべてのプログラムに海の市からのシャトルバスやボードでの送迎もついてきますのでお車でない方も来れますよ。
皆様、10月25日(日)です!
お待ちしております。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 23:33| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本気の言葉。

[気仙沼仮設生活877日目]

地域の仕事をしていると、

「やったほうがいい。」

というだけの人は多いけど、

「俺がやる。」

という人は意外に少ない。
どの人を信頼すべきかにおいて一つの基準なのかもしれませんね。
posted by インディ at 23:28| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「DMOは市民のためか?観光のためか?」

[気仙沼仮設生活876日目]

本日、前々からお会いしたかった方と会食をさせていただく。
地域DMO構想を描いた元祖の方。
海外からわざわざお越しいただきお会いさせていただく場をありがたくも頂きました。

「森くんの思う気仙沼のDMOは市民のためか?観光のためか?どっち?DMOは観光の言葉じゃないよ。市民の文化をつくる礎なんだよ。」

今まで学んで実践できないかと考えていた地域経営のあり方を根本的に考えさせられる時間となりました。。
有難い地域経営のお話をこともあろうにワインを飲みながら学ばせていただきました。
深いなぁ、、ぜんぜん視座が足らん。。
そして同時にこの場をセッティングいただいた出向当初から大変お世話になっている方への不義理にも反省。
忙しさにかまけすぎ。。
あかんなあ、謙虚さが足らん。。
何れにしても気仙沼にまた新たに強烈な助っ人のお力をお借りできそうです。
人とのご縁は大切にすべきですね。
posted by インディ at 23:27| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チームメンバーへの感謝

[気仙沼仮設生活875日目]

とある集い。
自分と同じく全国各地さまざまな地域行政へ出向している人間の取り組みを共有させていただく機会。
さまざまな取り組みの共有もさることながら強く感じたことが一つある。
それは純粋に会社からたった一人で出向しているケースが多く、その場合の難易度は我々のようなチームで推進しているものと比べると格段に高いということを教えていただきました。
一人で地域に馴染み、役所という今まで経験したことのない仕事場にひとりで適用し、ひとりで牽引していかないといけない。
これはものすごく大変なこと。
僕らはチームで仕事をしているということとチームメンバーに改めて感謝しないといけないと感じた今日この頃。
posted by インディ at 23:25| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲップが出る資料。。

[気仙沼仮設生活871日目]

image.jpg

来週とあるところでお話をさせていただく機会をいただき、その資料作りでマザーポートに篭る。
この仕事をさせていただいてからこういった機会を過去以上によりいただくようになったがつくづく伝え方が難しいなぁと感じる。
今回の資料ざっと作ると抜粋してもパワポ60ページ。。
いらんわ、、こんな話したら絶対相手ゲップ出るわ。。笑
ただおかげで人前で緊張するということが「全く」なくなりました。
あと聞き手にまちづくり系の活動に興味を持った若者が昔より確実に増えているように感じる。
(昔は自分が興味がなかったのであまり知りませんが、、)
地域に住んで最近率直に感じるのはどこまでがビジネスでどこまでが有志の活動なのかという線引きがすごく曖昧になってくる気がする。
これは地域の利点であり、リスクでもあると思う。
とにもかくにも人に伝えたいものがあるという毎日を頂けてるだけで感謝しないといけませんね。
posted by インディ at 23:18| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする