2015年10月25日

4度目の授業なのに

[気仙沼仮設生活893日目]

今日と明日は人材育成道場第4期のセッション。
そして4度目のISLセッション。
毎度のことながら塾生、スタッフ両方一番パワーのかかる授業。
たまたま話しかけられた塾生から、

「なんていうか、、この作業って本当の自分に会いに自分の心の玄関の扉を開けて『初めまして、本当の僕。こんにちは』って言ってしまった、、みたいな感じですね。。何回か玄関のドア開けてすぐ閉めてしまったけど。。笑」

とポツリ。
なんとなくその気持ちわかります。
ISLの教育は本当に深いです。
4度目の授業なのにまた心ハッとなってるスタッフの一人でした。
明日もう一日頑張っていきましょう。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 17:46| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

いよいよ来週末です。

[気仙沼仮設生活892日目]

いよいよ来週末に迫ってきました。
おかげさまで今回実施した一関の小・中学生への販促施策の甲斐もあり現在、一関からの問い合わせも結構いただいているようです。
残り1週間、もう若干の空きがあります。
是非、地元の方も参加しませんか?

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 00:04| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観光チーム気仙沼の進化

[気仙沼仮設生活891日目]

昨日開催された「観光チーム気仙沼」の会合にふらっと顔を出させてもらうと驚きの発見が。

image.jpg

片側にズラっと観光協会や市観光課などの観光業者、そして反対側に水産加工会社、氷屋、函屋、漁具屋などズラっと水産業社の方々や商店街の方が並ぶ。

image.jpg

「えー、うちが取り組んでる観光事業は、、」

と順番に自身の観光事業の取り組みを共有しながら課題を話し合う作業。
さらに今度は大手旅行会社の方から現状の東北方面への観光客ニーズを教えてもらいながら新商品開発への仮設出しを行っていく。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

これはすごく新鮮なシーン。
2年半前初めてこの街に来た時はこんなに観光事業者じゃない人たちがこういう会合に参加してくれなかったし、観光事業そのものをほとんどやっていなかったように思う。
せいぜい僕らも「街のために頑張りましょう」、とモニターツアーを話し合うことができる程度だった。。
それが今は観光業者でない水産事業者を中心に観光事業を行いながら自社の事業についての課題共有やマーケティング把握を行っている。
この絵って今、日本でどれだけの自治体で見れる光景なんだろうか?
これぞ着地型観光開発。
課題はまだまだ多いがこの日の光景はちょっとジーンと来るものがありました。
あとは売れる商品を作るだけ。
ま、それがむずかしいですが。。笑
posted by インディ at 00:01| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする