2015年09月26日

近すぎるほどの関係

[気仙沼仮設生活861日目]

イニシアチブ気仙沼出向者6名でじっくり会議。
たまにはと場所を変えて鳴子温泉へ。
普段近すぎるほどの関係だからこそじっくり場所を変えてやらないといけないこともあるのかなと。
それにしてもホテルの部屋に足湯がついてる宿に初めて泊まった。
こりゃいい。。
けど一つ学びは温泉翌日に仕事を入れないことですね。
帰りの道中で気怠さで気絶しそうになりました。。(笑)

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 14:08| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

けせんぬま創生分科会最終回。

[気仙沼仮設生活860日目]

先週末は「けせんぬま創生戦略会議」の最終回でした。
春から市民総勢100名近くが集まって数ヶ月。この街の課題に即した事業作りの検討を街じゅう総出で行う。
自分も定住・交流チームのファシリテーターとして入らせていただきましたがみなさん初対面なのに非常に活発に議論を重ねて時には個別で集まりながら検討を進める様子は非常に斬新に見えました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

テーマはしごと、移住交流、教育、子育てと決して優しくない課題。
ただ行政主導のものと違い、

「おらが街のコンシェルジュ」

「日本一の朝ごはんの街けせんぬまプロジェクト」

「ちょすワーク」

と発想が柔軟でそれでいて具現化に向けた組織や役割分担にもリアリティも感じるものが多かった。

image.jpg

image.jpg

記憶に残っているのは最後にプレゼンで最優秀賞を取った人の言葉。

「この賞は嬉しいですが、僕らは何も賞をとるためにここにきたんじゃないです。あとはやるか、やらないか 腹をくくって進めていきたいと思います。」

image.jpg

ささやかながら具現化にお手伝いさせて頂ければと思いました。
皆様お疲れ様でした。

image.jpg
posted by インディ at 18:29| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畑からの最後のご褒美。

仮設生活858日目]
久しぶりに畑へ。
しばらく大雨だったりなんだりかんだりで足を向けられずにいたがひさしぶりに行くとやっぱり荒れ放題。。
相当暴風雨にヤられてる。。
今年はこれで最後かなぁ、、と思って落胆しているとそこに爺が登場。

「もう畑もこの辺がそろそろ潮時かなぁ。。毎日世話をしていても我々も限界を感じるんよなぁ、、」

聞けば今年を最後に来年は地主さんに畑を返そうかと悩んでいるという。
そうですよね、来年にはそろそろ仮設を出る人も増えてくる。
考えどきのタイミングかも。。
今日はこの畑でこれが最後かもしれない収穫を丁寧にGET。
茄子、唐辛子、バジル、モロヘイヤ、黒唐辛子、

image.jpg

さっそく嫁に全て使ってパスタにしてもらいました。

image.jpg

そして、、
ついにできたスイカ!
最後のご褒美かもしれませんね。。
気仙沼に来てまだ人にも馴染めず、仕事もうまくやれなかった頃からやり始めたこの畑。
最初は気仙沼でこれしかやってなかったかもと思うくらい没頭しておりました。
この投稿の自分の仮設生活の原点とも言える場所なのでなくなってしまうのは少し感慨深いなぁ。。
posted by インディ at 18:24| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする