2015年09月26日

4度目のグルグルまわし

[気仙沼仮設生活864日目]

image.jpg

本日より人材育成道場経営未来塾第4期が始まりました。
もう4期、、
4度目の日本政策投資銀行の「数字のグルグルまわし」。
塾生も僕ら事務局も悶絶体験がいよいよスタートです。
posted by インディ at 14:19| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政の役割、民間の役割。

[気仙沼仮設生活863日目]

image.jpg

最近DMO(ディスティネーション マネジメント オーガナイゼーション)勉強し出してから思うことがある。
それは地域における営利団体と非営利団体の役割と機能について。
これらが噛み合ってこその地域マネジメントだが、いざゼロベースで役割機能を考え始めるともろもろこれまで考えていたこととギャップがある。
まず利益獲得をベースとした民間の方がそこに金銭というインセンティブが働き消費者ニーズへの感度が高くサービス向上への意欲は高いように思う。
一方、金にならないことには動かないというリスクもあり非営利団体の必要性も大きい。
ただ営利団体の方が利益獲得を目的とした狩猟的な組織で、非営利団体の方が農耕的に思いがちだが、
見ようによっては利益を蓄えながらそれを運用していく営利団体が農耕的にも見えて、毎年事業を運営するために単年度で財源を探してこないといけない非営利団体の方が狩猟型のように思える時もある。
またお金の流し方は補助金をうまく活用するなどイニシャルの財源を獲得しやすい非営利団体に対して、利益獲得までに時間がかかりスピード感が鈍いのも営利団体という見方もできる。
さらにお金の使い方における制約はやはり圧倒的に民間の方がフレキシブルで、公的になると網羅性と平等性という障壁も大きい。
地域のGDPを最大化するためにどういう役割を営利事業が担い、どういう役割を非営利事業が担うか?
悩ましいなあ。。
この辺りに明るい方、是非相談に乗ってください。
posted by インディ at 14:17| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津波と大雨

[気仙沼仮設生活862日目]

昨日のチリ地震による津波注意報と大雨洪水警報で朝からけたたましく携帯が鳴る中、津波到着時刻付近に海っぺりにあるオフィスに出社。
駐車している車は自分1台。
後で気付いたがみんな冠水時対策に魚市場屋上の駐車場に停めてたんですね。。
Facebookには当時の津波を思い出す投稿や大雨による冠水の様子が飛び交う。
津波と大雨が同時って、、
復興支援の仕事をしていても自分には被災の経験がないのでそういう備えをもっていないといけない場所にいることを忘れがちになっていたが、今日は初めて身をもって理解したような感じでした。。
写真は昼食後車で道路に出ようとした際の光景。

image.jpg

image.jpg

あまりの水量でなんというか車で川に飛び込んでいくような感じに思えてしばらく躊躇してしまいました。。
地震による地盤沈下ってこういう被害を起こすんですね。
皆様の被害がなかったことを祈っております。

posted by インディ at 14:14| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする