2015年08月20日

課題解決依存症!?

[気仙沼仮設生活831日目]

「あの後ですが、早速何かできないかとチームで進めていこうということになりました。」

先日弊社の若手30人と気仙沼の方30名が集まりこの街のために何ができるか考えようと実施された「東北未来座」というイベント。
あのイベントをきっかけに早速弊社の若手から冒頭のメッセージをいただく。

「こないだの話を受けて多分気仙沼側には◯◯なニーズがあるようなので、バツ1バツ1️なことをやってはどうかと思っています。是非現地側の窓口として力貸してください。」

やっぱり弊社の方は行動が早いですね(^ ^)
そういえばイベント当日にも気仙沼の方から、

「なんでそんなに何かしようって思う気持ちが強いんですか?」

って聞かれててある弊社の若手が、

「僕らは『課題解決依存症』なんですよ(笑)」

と言って笑わせていたのを思い出す。
でも久しぶりに多数の弊社の人間に浴びるとまんざら冗談じゃない気もする。
特徴は圧倒的に当事者意識が高いのと課題解決に燃えている人が多い気がする。(自社を褒めすぎてどうするんだ、という感じですが、、笑)
是非一人でも多くの若者が、気仙沼に興味を持ち、被災と過疎化という日本の社会課題に興味を持ち関わってくれることを願っております。

image.jpg

image.jpg

写真は昨日たまたま羽田空港で見つけたクーポン誌ホットペッパーの15周年の冊子。
そういえば大阪版の創刊時に若干3年目の若輩者だったのにチームリーダーという名ばかりのへなちょこ営業をさせていただき、いろいろ苦い経験をしながら仕事をしておりました、、(笑)
自分たちの行動で地域を変えてやるんだ、という意識を教わった最初の取り組みだったかもしれないなあ、と思い思わず手にとってしまいました。
ではリクルートの皆様、引き続き気仙沼でお待ちしております。
posted by インディ at 22:56| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンマ船一斉で船送りに見る漁師文化

[気仙沼仮設生活830日目]

今日は、サンマ船一斉出船送りという気仙沼の一大行事の日。
朝早くから港の岸壁にこれから新たに今年のサンマ漁に出る船が並んで、それを一層一層船出を見送るというイベント。

image.jpg

市長以下、たくさんの街の方が見送りにやってくる特別なイベント。
盛大に太鼓を叩く人、激励をかける人、泣いている人、、いろんな人がいる。

image.jpg

ここに住むまで知らなかったことですが出船送りはまさに漁師を誇る気仙沼の伝統行事で、しかもこの一斉出船送りをしようと発起したのは街の女性の皆様というからまた驚き。

image.jpg

大阪のしかも内陸育ちの自分にとってはこういう日常の漁師文化に触れると見学するだけでなんというか胸が熱くなる。
都会にいた頃はよもやサンマがこんな盛大なセレモニーの中、長期間漁に出て獲って来られる貴重な魚だとは夢にも思いませんでした。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

ちなみにここまで大きなものでなくても、1隻の出船送りでは日常でも行っている。
気仙沼に来た時、「漁師を誇る街」と言われても正直ピンと来なかったんですがこの行事を見て少し理解できたように思います。
こういうのをもっと普通に外から訪れる方に見せることができればそれだけで来た甲斐があったように感じるように思いますが都会の人はどう思うんでしょうか?
兎にも角にも数週間後のサンマが楽しみです。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 22:53| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする