2015年08月14日

地道な努力

[気仙沼仮設生活828日目]

先日お呼ばれして少し参加したイベントの様子。
内容は被災地に移住した若者たちが主催したもので、
都会の若者に1週間の気仙沼の空き家にホームステイの環境を与え、そこで気づけたことや得た気仙沼の魅力を地元の若者に向けて発表するというもの。

image.jpg

都会を離れ初めて1週間気仙沼で生活した子達が感じた初体験レポートは思いの外(と言っては失礼だが)ドキッとして面白かった。

「知らない人が挨拶をしてくれてびっくりした」

「まさかのノーロック(鍵をかけない)生活」

「道路の片側しか存在ない気まぐれなバス停」

「そもそも移住者はいつまでよそ者なのか?」

image.jpg

というさまざまな疑問や問い。
3年前に自分が感じたことともかぶる。
こうした都会の若者が地方を体験することでその街に少しでも感情移入してくれればまた何かの時に帰ってきてくれる。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

彼ら移住者が行うこういう地道な努力はいずれこの街に帰ってくると感じた今日この頃。
posted by インディ at 14:03| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙沼ホヤソース誕生

[気仙沼仮設生活827日目]

本日、おそらく日本で初めての新しいソースが気仙沼で誕生したようです。
その名もホヤソース。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

自分も初めて気仙沼に来て食べた食材ですが、ホヤはなんでも味覚の五味がすべて揃った唯一の食材らしく、美味しくて結構ハマってます。(今日も食べました)
これは気仙沼特産ホヤを使ったソースで気仙沼の会社さん7社で共同開発して誕生したようです。
試食段階で自分も味見させていただきましたが、濃厚で独特の味がして和食に合うのが特徴的で、肉じゃがや炊き込み御飯など普段の夕食に使う調味料的な役割として合いそうです。
流通に乗りにくくあまり広く利用されにくい地域素材をいかにそこに価値を見出して商品化していくか?
マーケティングのヒントになりそうな商品。

image.jpg

9月の全国販売に先駆け、8月14日より気仙沼で先行発売開始だそうです。
価格は994円(税込)で、
取り扱い店舗は、
かに物語(海の市)
カネマ(さかなの駅)
気仙沼四季 伊八郎 (海の市)
横田屋本店 (海の市、八日町)
の4店舗。
気仙沼の方はもとより、市外の方でもご興味ある方はお土産として是非ご購入ください。
自分も早速買いに行くことにします。

以下Facebookページになります。是非ご参照ください。
https://www.facebook.com/pages/Kesemo/345310418989048?ref=ts&fref=ts
posted by インディ at 13:58| 宮城 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする