2015年08月20日

サンマ船一斉で船送りに見る漁師文化

[気仙沼仮設生活830日目]

今日は、サンマ船一斉出船送りという気仙沼の一大行事の日。
朝早くから港の岸壁にこれから新たに今年のサンマ漁に出る船が並んで、それを一層一層船出を見送るというイベント。

image.jpg

市長以下、たくさんの街の方が見送りにやってくる特別なイベント。
盛大に太鼓を叩く人、激励をかける人、泣いている人、、いろんな人がいる。

image.jpg

ここに住むまで知らなかったことですが出船送りはまさに漁師を誇る気仙沼の伝統行事で、しかもこの一斉出船送りをしようと発起したのは街の女性の皆様というからまた驚き。

image.jpg

大阪のしかも内陸育ちの自分にとってはこういう日常の漁師文化に触れると見学するだけでなんというか胸が熱くなる。
都会にいた頃はよもやサンマがこんな盛大なセレモニーの中、長期間漁に出て獲って来られる貴重な魚だとは夢にも思いませんでした。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

ちなみにここまで大きなものでなくても、1隻の出船送りでは日常でも行っている。
気仙沼に来た時、「漁師を誇る街」と言われても正直ピンと来なかったんですがこの行事を見て少し理解できたように思います。
こういうのをもっと普通に外から訪れる方に見せることができればそれだけで来た甲斐があったように感じるように思いますが都会の人はどう思うんでしょうか?
兎にも角にも数週間後のサンマが楽しみです。

image.jpg

image.jpg
posted by インディ at 22:53| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

快晴の気仙沼Tシャツ海岸

[気仙沼仮設生活829日目]

今日は快晴のため気仙沼Tシャツ海岸を見に行くためにリアス式海岸の景観スポットとして有名な半造へ。

image.jpg

Tシャツ海岸とは、この景観の綺麗な半造に皆思い思いにデザインしたTシャツを作成して一斉に干すというイベント。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

Tシャツは気仙沼の方のはもちろん、全国各地から寄せられる。
普段の景観に自分たちが創作した一工夫を加えるだけで、そこに訪れる理由やその場所への感情移入が生まれる不思議なイベント。
自分も2度目だが、今回は自分のTシャツも作成して参戦。

image.jpg

image.jpg

やっぱり気分が違います。
スタッフの方に聞けば開催中の1週間の来訪者数がかなり多くてビックリ!?
ロケーション的には決して行きやすい場所ではないですが、やはりコンテンツがいいから人が集まるのか、、!?
あとはコーヒーが飲めれば最高なような、、^ - ^
何はともあればスタッフの皆様お疲れ様でした。

image.jpg
posted by インディ at 09:46| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

塩釜へ

[気仙沼仮設生活828日目]

お盆に旅行で塩釜へ。
東北で仙台から最も近い漁港で特にマグロの水揚げでは日本有数。
同じ港町としてどれくらいなものかと行ってみたが、、

image.jpg

image.jpg

観光名所と呼べるところはあまりなく神社がある程度で、

image.jpg

image.jpg

あとは日本三景松島への遊覧船がでているのでむしろそこへ行く玄関口という感じか、、!?
ただマグロはやはり絶品で満足度はかなり高かった。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

残念だったのは朝に仲卸市場が休みだったため朝ごはんを食べることができなかった。
次回は是非リベンジしたいと思う。
また気仙沼の友人に教えてもらった「シェヌー」という美味しいフレンチもあり、大混みのお盆にわざわざ都会に近づく旅行だったが(笑)総じて満足な良い旅になりました。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

石巻、塩釜、気仙沼と仙台より北にある3つの漁港それぞれに特徴はあるが現状どこも観光と呼べるかどうかは疑問が残ったのが正直な意見。
東北の人から見たらどうなんだろうか?
posted by インディ at 19:20| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする